iPhoneユーザーのほぼ半数がすぐに新しいモデルにアップグレードする予定

iPhoneユーザーのほぼ半数がすぐに新しいモデルにアップグレードする予定

Loup Venturesの調査によると、今年のiPhoneユーザーのアップグレード意向は去年よりもはるかに高いと報告しています

新しいiPhoneへが48%

Loup Venturesは、今年の新しいiPhoneモデルで、530人の米国消費者に「購入意向」について調査し、調査対象の530人のうち、48%が来年中に新しいiPhoneにアップグレードする予定だと回答しました

この調査では驚くほど高いアップグレード意向が見られ、昨年の6月の25%と比較して、来年には新しいiPhoneにアップグレードする意向を示している現在のiPhoneオーナーの48%を示唆しています

Loup Venturesは、48%が「外れ値」なので、購買意欲と実際の購買率の変化はサイクルごとに変化するが、今後のiPhone需要の肯定的な指標となると言っています
Loup Ventures 001

スポンサーリンク


iPhoneを購入しようとしている人のうち、42%が今秋発表予定で3人のうち1人、18%がiPhone X、16%がiPhone 8、24%が他のiPhoneを購入する予定です
Loup Ventures 002

さらに、530人の回答者のうち212人(40%)がAndroidユーザーでした

Androidグループのうち、41人(19%)は来年にiPhoneを購入しようとしています、去年に移行を計画していたAndroidユーザーは12%でした

ARへの関心も増加

最後に、この調査は、Appleが賞賛している拡張現実感への消費者の関心に触れました

回答者が、より強力な拡張現実能力を持つスマートフォンを購入することに、「興味がある」「興味がない」「普通」の関心の度合いを尋ねました

今回は2017年9月に同じ質問をしたとき「興味がある」と回答した人の21%に比べて32%でした

最も一般的な回答はまだ「変わらない」と言われていますが、興味の上昇は、モバイルARの重要性となっています

(Source Loup Ventures , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)