iPhone 2018は、銅コイルに切り替えることで、より高速でより効率的なワイヤレス充電を実現

iPhone 2018は、銅コイルに切り替えることで、より高速でより効率的なワイヤレス充電を実現

抵抗が小さい銅線コイル

China Timesの報道によると、2018年のAppleの噂の3つのiPhoneのワイヤレス充電コイルは、フェライト・ポリマー複合材の略であるFPCの代わりに銅線で作られ、技術的観点からより高速で効率的なワイヤレス充電になるとされています

このレポートは、AppleがiPhoneに内蔵されているワイヤレス充電レシーバを、より高い抵抗のより薄いFPCコイルから抵抗がより低いより薄い銅線コイルに切り替えると主張しています

ハイパワーと高効率がワイヤレス充電の傾向であるため、2018年の3つのiPhoneのうちの少なくとも1つがFPCを放棄して上記の目標を達成する銅コイルソリューションを採用し、抵抗が小さい銅線コイルに切替ると、また電力の増加によって生じる熱的影響を相殺することもできます

スポンサーリンク


耐性が低下すると、AppleはiPhoneがワイヤレス充電で安全に処理できるパワーしきい値を過熱なしで増加させることができ、Qi認定マットによる充電がより迅速で効率的になる可能性があります

FPCは、鉄、少なくとも1つの他の金属、およびプラスチックの混合物であるが、銅はより純粋な材料です、両方とも電磁誘導特性を有し、無線充電コイルに適しています

最新のiPhoneは、最大7.5Wのワイヤレス充電をサポートしていますが、FPCコイルの効率の限界のため、実際には5Wの電源アダプタを使用した有線充電より高速ではありません

銅へのスイッチは、次のiPhoneに改善をもたらします

(Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)