iOS 11.3以降にアップデート後にiPhone 7/7 Plusでマイクロフォンのバグの可能性

iOS 11.3以降にアップデート後にiPhone 7/7 Plusでマイクロフォンのバグの可能性

Appleの認定サービスプロバイダに送信された文書で、Appleは一部の顧客がiPhone 7/7 Plusのマイクのバグを経験していることを明らかにしました

FaceTimeで電話やビデオチャット中にスピーカーボタンがグレー表示されていることが判明している人もいます

これは、 iOS 11.3以降を実行している特定のiPhone 7およびiPhone 7 Plusモデルに影響します

iPhone 7/7 Plusのマイクロフォンのバグ

Appleは、まず、iPhoneに接続されているBluetoothデバイスのペアを解除したり、無効にして、動作しているかどうかを確認することを薦めています、そうでない場合、サービスプロバイダーは音声診断を実行するように指示されます

これは、「アクセサリがサポートされていません」または「デバイスがドックを検出できませんでした」という警告が表示された場合に、iPhoneが修理が必要な場合に表示されます

スポンサーリンク


サービスプロバイダは、たとえ保証対象外であっても、特にこの問題のために、Appleがこれらのデバイスを修理する権限を与えられています

AppleのサポートページにあるApple StoreのGenius Barまたはアップルの認定サービスプロバイダのいずれかで、予定をスケジューリングできます

MacRumorsによると、Apple社はこのバグをまだ公表していないため、従業員はその情報を知ることも、情報を拒否することもできません
その場合、シニアAppleCareアドバイザーに問題を拡大すること勧めます

(Via MacRumors.)
私もiPhone 7 Plusを持っているのですが、確認したところ幸いにも問題はないようでした











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)