サプライチェーンのレポートは、今年の記録的なiPhoneの売上高を予測をしているが

サプライチェーンのレポートは、今年の記録的なiPhoneの売上高を予測をしているが

過去最高の売上を予測

サプライチェーンのレポートは、2018年の間にAppleのiPhoneディスプレイの注文が正確であれば、その年の過去最高の売上を示していると予測しています

台湾のサプライチェーンの情報筋は、Appleが今年iPhone用に2億5,000〜2億7,000万台のディスプレイパネルを購入すると予想していると報告しています
これは昨年販売された2億1,600万台のiPhoneよりもはるかに高く、2015年の同社の過去最高の2億3,100万台の販売台数を上回っています

会計年度に関係ない4つの四半期の合計の2億3,400万台をも越えるだろうと

Digitimesの報告書では

2018年のAppleのOLEDパネルの購入額は、現在のiPhone Xの5.9インチユニットと同じサイズのアップグレード版を含めて、1億1,100万ユニットに達する予定です、残りのより安価な6.5インチOLEDパネルとなるモデルの生産が、4,500〜5,500万ユニットと同社の情報筋は述べた


Appleはまた、2018年秋にリリース予定の新しいiPhoneモデルのために、6.1インチの全画面LTPSパネルを6,000〜7,000万、そしてLTPSパネル4、4.7、5.5インチサイズの iPhone 8デバイス、iPhone SE、iPhone 7の生産

スポンサーリンク


このレポートを懐疑的な理由はいくつかあります

まず、Digitimesにはトラックレコードが混在しています、第2にサプライチェーンがありますが、Samsung、LG、Japan Display、Sharpなど、合計4つの可能なサプライヤーからの信頼できる数字が必要です
第三に、Appleは現段階では、確固たるものではなく潜在的な注文を話しています

特に、Appleは、いずれか1つ以上の不足の可能性を考慮して、各サプライヤから可能な最大の注文を議論したいと考えています
各サプライヤと議論した総数を単純に合計すると、実際に発注されると予想される注文が過大評価される可能性があります

画像元:9to5Mac
(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)