Appleは2019年のiPhoneでiPhone Xのノッチをなくする

Appleは2019年のiPhoneでiPhone Xのノッチをなくする

ノッチがなくなる

韓国の報道によると、Appleは2019年のOLED iPhoneからこのノッチをなくすると言います
同社は、スクリーンが「新しいiPhoneの前面を完全に埋める」新しいデザインに取り組んでいると言われている

Appleが現在ノッチに収容されている技術のすべてをどのように処理するかについての詳細は述べられていません、ノッチ部分には、前面に向いたカメラ、Face ID、ドットプロジェクター、投光イルミネーター、スピーカー、マイクロフォン、環境光センサー、近接センサー用の別の赤外線カメラが含まれています
Nochi 001
ETNewsによると、アップルはいくつかのサプライヤーとこのアイデアについて話し合っていると言います

「Appleは2019年モデルからノッチデザインを取り除くことを、関連する企業と話し合いをしている」と、業界関係者は語った

アップル社はフルスクリーンを実装しようとしているようだが、それは新しいiPhoneでより完全だ

スポンサーリンク


この記事では、AppleがFace IDを保持し、技術をディスプレイに埋め込むという問題に対する可能なアプローチについて考えています

サプライヤは、Appleがどのように受信機、フロントカメラ、およびFace ID機能を配置し、同時にフルスクリーンを実装できるかに興味を持っています
いくつかのディスプレイ産業は、AppleがOLEDパネルに穴を開けるか、またはディスプレイ内のBM(ブラックマトリックス)領域を使用すると考えている

競合ブランドのSamsungは、ディスプレイに穴を開けるための特許を持っているが、これはAppleにとっても面倒なアプローチだと感じています

おそらくもっと現実的には、スピーカーとマイクをケーシングの上端に移動し、残りの技術をやや厚めのベゼルに縮小することができます、Appleはディスプレイの一部にセンサーの一部を埋め込むための特許を持っています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)