Apple、iPhone X Plusの重要な二つの詳細

Apple、iPhone X Plusの重要な二つの詳細

メディアからだけでなく、アナリストからの信頼できるレポートは、Appleは2018年に 6.46インチ有機el (OLED) ディスプレイのiPhone を発売予定と言っています

できるだけ面積が広く大きな画面のスマートフォンを希望する多くの人に対して、iPhone Xの予想されるアップデートです

Bloombergは、新しい記事で、この噂のiPhoneについて、さらに2つの詳細を発表しました
これは、今後iPhone X Plusと呼ばれる予定のデバイスです

ディスプレイ解像度とピクセル密度

Bloombergは、「iPhone X Plusの少なくとも一部のプロトタイプには、1242 x 2688の画面解像度が含まれている」と述べています

実際の計算によれば、対角に沿って6.46インチを測定する1242 x 2688解像度のディスプレイは、現在のiPhone X上のディスプレイとまったく同じ458ピクセル/インチのピクセル密度を持っています
これは、iPhone X Plusは、現在のiPhone X上のものよりも鮮明な表示を持っていると言う以前の噂に反します

これは、iPhone 6シリーズからiPhone 8シリーズまでのAppleの以前の製品戦略からの脱却を意味し、大画面iPhoneの方がより鮮明なディスプレイを備えています

実際には、これは消費者がより鮮明なディスプレイまたはより小さなディスプレイのどちらかを選択することを余儀なくされることを意味します
彼らは、彼らが望むサイズを選択し、同じイメージの明瞭さを保証することができます

スポンサーリンク

ゴールドカラー

Bloombergのレポートによると、今後発売予定のiPhone Xシリーズでは、Appleが「ゴールドカラーの選択肢を検討している」としています

ゴールドカラーの選択肢の追加は、 “アジアの消費者に特に魅力的であり、地域の売上を押し上げるのに役立つだろう”と説明しています
噂によると、AppleはiPhone Xのためのゴールドカラーの選択肢を開発しようとしましたが、それを動作させることはできませんでした

多くの詳細は謎のまま

現時点では、アップルの2018年のiPhoneのラインナップについてかなり知っています

アナリストのMing-Chi KuoがKGI Securitiesによって公表した情報が主なおかげですが、依然として多くのスペックが謎のまま残っています

たとえば、Appleがどのようにデバイスの価格を決めようとしているのか、Appleがディスプレイ、カメラ、プロセッサにどのような改善をもたらしているのかは分かりません

AppleがiPhone X Plusにどのような独占的なソフトウェア機能を組み込むのかははっきりしていません、Bloombergによると、このデバイスは、「いわゆるフェレットのマルチタスキング属性を渇望する消費者の増加に訴える」ように設計される予定です

記事で指摘されているように、現在のiPhone Plusモデルでは、既に「特定のアプリ向けに」分割画面機能が提供されています
しかし、AppleはiPhone X Plus特有のマルチタスク機能をより広範に普及させることができるのだろうか、それとも現在iPhone 8 Plusに存在するのと同じ機能を提供するのだろうか?

(Via The Motley Fool.)











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)