KGI:Appleの次世代Apple 6.1インチiPhoneは3D Touchを提供しない

KGI:Appleの次世代Apple 6.1インチiPhoneは3D Touchを提供しない

2018年後半に発売予定の噂の6.1インチiPhone

KGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2018年後半に発売予定の噂の6.1インチiPhoneに関する詳細を発表しました

このデバイスがFace IDを含むいくつかのiPhone Xの機能を持っていると言われていますが、安価な価格帯を達成するためにいくつかの設計上の妥協点があります
これには、知られているように、液晶画面が含まれています、現在Kuo氏によると、このデバイスにはアルミフレーム、シングルレンズリアカメラ、3Dタッチはありません

iPhoneの背面がガラスではなくアルミニウムから鍛造されるのかどうかは不明だが、これはワイヤレス充電を妨げるものです

火曜日にMacRumorsが入手した研究ノートでは、6.1インチのiPhoneもiPhone XのスタックされたロジックボードとL字型バッテリーパックを採用しないことを追加しました
代わりに、彼はデバイスが標準的な非スタックロジックボードとiPhone 8とiPhone 8 Plusのような長方形のバッテリーパックを持っていると述べました

スポンサーリンク


Kuo氏は、6.1インチのiPhoneは、米国では前回の650ドルから750ドルの見積もりから、700ドルから800ドルの中価格帯のデバイスになると考えています
このデバイスは、通常のように9月から10月頃に発表される予定で、新しい5.8インチiPhone Xと、iPhone X Plusと呼ばれる6.5インチのより大きなバージョンが登場する予定です

KGI証券は、6.1インチのiPhoneが新しいiPhoneのラインアップの約50%を占め、2019年の売上高は相変わらず強固だとしています

画像元:MacRumors
(Via MacRumors.)











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)