iOS 11.2 BetaでのiPhone 8のワイヤレス充電テスト

iOS 11.2 BetaでのiPhone 8のワイヤレス充電テスト

ワイヤレス充電

iOS 11.2が最終バージョンになると、 iPhone 8とXはワイヤレス充電器で少し早くバッテリーを充電できます。しかし、どれくらい早い?正確な答えは正式版のリリースを待たなければなしません

iOS 11.2 betaはすでに配布されています、beta 3のバージョンでは、Appleが、iPhone 8/8 PlusとiPhone Xを5Wの代わりに7Wの充電に対応させました

iOS 11.2 beta4を搭載したiPhone 8は、3時間12分で0%から100%充電されましたバージョン11.1では3時間45分かかりました
それはおよそ30分のスピードアップでした、状況に応じてこれはかなりの可能性があります
Wireless ios11 2b4 001

スポンサーリンク


以前のbeta 3のテストでは、iPhoneの動作はランダムでした
それはちょっと速く、あるいは逆に等速で読み込まれました(同じステートメントは他の場所で読み込まれます)

この新しいbeta 4を使用してテストを1回行うことができましたが、結果は予想された動きです

有線接続での充電は明らかにより効率的であり、誘導時の効率効率が高いことは明らかです

以前のiPhone 8を5Wアダプタでテストしたところ、それは 100% に到達するために2時間25分かかりました、これは、iOS 11.2の場合よりも45分向上しています
50%に達するために、この有線充電は、iOS 11.2 beta版わ誘導のための1時間20分に対して約45分でした

現在、7Wで充電する準備が整っている、Booster Up BelkinとMophieの2つのインダクションチャージャーがあります

7W充電はQi標準(15Wまで上昇)の一部ですが、Appleは互換性のある付属品の使用を必要とする独自の変更を行いました

最新のiPhoneを発表すると、iPhone、Apple Watch Series 3、および将来のAirPods充電式ケースに同時に対応できるAirPower充電器の来年のリリースを発表しました

iPhone 8はBelkin Boost Up Wireless Charging Padでテストされています

Wi-Fiと携帯電話網で接続され、通常の使用を反映しています
15分ごとにバッテリレベルを一時的に確認し、通知がオンになったときに画面をオフにすることを除いて、充電中は操作しませんでした

(Via igeneration.)


ワイヤレス充電で5Wから7Wにアップしての充電時間を大きいと見るか少ないと見るか状況によって変わると思います

本当に緊急のチャージが必要となった時は、何と言っても有線接続と言うことになりますね


では、では・・・











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)