iPhone 8 Plus、iPhone Xのポートレートライティングモードで素敵な写真を撮る方法

iPhone 8 Plus、iPhone Xのポートレートライティングモードで素敵な写真を撮る方法

「iMore」にポートレート照明に関して大変解りやすい記事があるので紹介します

ポートレートライティング

Appleのポートレートライティングモードは、iPhone 8 PlusとiPhone Xで利用できますが現在ベータ版です
とは言え、素敵な写真を撮影できます

しかし、ステージライト(およびその白黒コンパニオン、ステージライトモノ)は、時にはユーザーにトラブルを与える1つのモードがあります

効果は効果的に被写体を背景からカットするので、ステージライトの肖像画を適切にフレーム化して実行するのはちょっと難しい場合があります

ステージ照明またはステージ照明(モノ)で撮影

Appleのポートレート照明効果はすべて事後に適用することができますが、ステージ照明とステージ照明(モノ)は、カメラ内で撮影されるように設計されています(後で削除または変更される可能性もあります)

ステージ照明の写真が欲しい場合は、最初からステージ照明で撮影し、いくつかのテスト写真を撮って、マットの背景がどのようなものかを確認しします
Shoot in stage light mode

真っ直ぐに撮影をする

ほとんどの他のポートレート照明モードでは、ほとんど困難な角度で被写体を撮影することができますが、ステージライトは被写体に最も効果的に動作するように、その対象に単一のフォーカスポイントを必要とします

わずかな角度(左と中央)は大丈夫ですが、手が後ろに伸びている場合は、それが最終的なフレームに写ることを期待しないでください
Portrait lighting 002

スポンサーリンク

暗い場所で撮影する

ポートレートライティングモードで撮影するヒントの1つは、中〜低明度の領域で撮影することです

理想的には、自分自身が点灯していない領域が欲しいと思っています、ステージライトの肖像画を撮影するのに最適な場所は、廊下にあります
キッチンライトは私の顔を明るく保つのに十分な文脈の光を与えますが、廊下はほとんどが暗いままです、ステージライトエフェクトでは、被写体を背景から簡単に切り離すことができます
Portrait lighting 003
Portrait lighting 004

天井の光がある(暗い背景の場合)

おそらく驚くべきことではありませんが、ステージライトは、オーバーヘッド照明と暗い背景が非常に多い状況で最も効果的です
どちらも素晴らしいとはいえ、ステージライトエフェクトは、被写体の顔にコンテキストライティングのレイヤーを追加し、より暖かく洗い流されないようにします
Portrait lighting 005

オリジナル(左)とステージライトモノバージョン(右)

Flashを使用する

すべての状況に当てはまるわけではありませんが、TrueTone Flash(正面カメラのRetinaフラッシュ)は、iPhoneがデプスマップをよりよく定義し、被写体の周りにきれいなカーテンを作成するのに役立ちます
Portrait lighting 006

TrueDepthカメラで撮影する(iPhone Xのみ)

前のヒントと同様に、カメラレンズと技術的に劣ったセンサーで撮影することを積極的にお勧めするのはちょっと奇妙です
しかし、iPhoneのフロントカメラに積極的に統合されているTrueDepthセンサーは、その価値があります

TrueDepthではリアカメラよりも奥行き情報を測定することができるため、Stage Lightエフェクトはリアカメラが提供する切り抜き見た目よりも自然に退色します

さらに優れたTrueDepthポートレートが必要な場合は、バックグラウンドから 1m以内でポートレートを撮影することを検討してください
ライトを「バウンス」するためのソリッドオブジェクトを提供することにより、さらに堅実なデプスマップを作成できます
Portrait lighting 007

スポンサーリンク

ポートレート照明モード撮影に不適切なこと

  • 直接の照明で明るい背景で撮影する
  • Portrait lighting 008

  • 長い髪と明るい背景
  • Portrait lighting 009

  • 前景に何かがある
  • Portrait lighting 010

  • 友人と一緒にショットを撮る
  • Portrait lighting 011

  • 動く
  • Portrait lighting 012

画像元:iMore
(Via iMore.)


ポートレート照明モードで撮影してみて、イメージ通りに撮影できた場合と、なんだかな〜の撮影になった理由がこの記事を読んで納得できました

私にとってこの記事は、非常に参考になりました

「ポートレート照明モード撮影に不適切なこと」に関しても「iMore」は詳しく説明があるので確認されると良いと思います


では、では・・・











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)