「iOS 11.2」の「高速ワイヤレス充電」はどれだけ速いのか?

「iOS 11.2」の「高速ワイヤレス充電」はどれだけ速いのか?

7.5Wへ

「iOS 11.2」は現在ベータ版で、今後数週間ですべてのiPhoneとiPadのユーザーにリリースされ、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の主な機能の1つは、ワイヤレス充電の加速です

以前は、すべてのワイヤレス充電は5Wに制限されていましたが、このアップデートではその制限が7.5Wになります

理論上では、消費電力が50%増加したことになりますが、実際での違いはどうなのか?
WirelessGlaf 001

スポンサーリンク


上記のグラフからわかるように、「急速充電」の充電パッドのワイヤレス充電の差はわずかでした

既にワイヤレス充電を使用している場合(パッドがサポートしている場合)、これは否定できない勝利です
しかし、もしこれがワイヤレス充電を期待している場合は、非常に失望することになるでしょう

2時間のテストで、「iPhone 8 Plus」は0から47%になりました。 10分間に4%という非常に一貫した充電でした

以前は、同じ充電器で2時間後に最大40%まで上昇し、ワイヤレス充電速度が17%向上しました、これは確かに増加していますが、「ワイヤレス充電は遅すぎ」から「私はワイヤレス充電が大好きです」となるまで、あなたの評価を変更するようなことはありません

携帯電話を充電する時間が2時間あり、変更レベルに7%の差がある場合、私はそれが大きな問題ではないと思います
特に充電器で30分を比較すると、電話機が11%の充電に達するまでに30分かかったため、文字通り性能に変化は見られませんでした

2017年現在では、Lighteningケーブルでの充電は iPhone を充電する最速の方法です

iPhoneの付属の充電器は2時間で79%と68%速く、30分では91%速いので最大で21%の充電をした「iPhone 8 Plus」を手に入れることができます

それはかなり顕著な違いです、スピードが本質であれば、Lighteningケーブルで充電するのが良い方法です

Appleが新しいiPhoneのために持っている真の高速充電オプションを見ると、くだらないものとなります

29W充電器(MacBook付属)とUSB-C to LightningケーブルはiPhone 8 Plusを2時間で100%充電し112%速く、30分ではさらに差が顕著になり43%の充電で391% も速くなります

ワイヤレス充電のための場所があり、私は個人的に充電にすべての時間を使える、すなわち寝る時のベッドサイド充電器は、このワイヤレス充電パッドです

また、仕事場で一日中仕事をする状況で机の上に充電スタンドを持っています

この様な状況においてもワイヤレス充電は全く問題はありません、起床したときは常に100%であり、仕事から離れるときは常に100%なのですから

「iOS 11.2」がリリースされれば、iPhoneをできるだけ早くアップデートし、ワイヤレス充電器を楽しんでください
しかし、iPhoneでの「高速な」ワイヤレス充電は、普段使うような「急速充電」という意味ではないと言うことです

画像元:Birchtree
(Via Birchtree.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)