カメラマンが「iPhone X」のポートレートライティングと本物のスタジオライティングとを比較

カメラマンが「iPhone X」のポートレートライティングと本物のスタジオライティングとを比較

ポートレートライティング

Appleは、iPhone 8とiPhone XにネイティブCameraアプリで素晴らしいポートレートライティングモードを導入しました

この機能は、プロのスタジオ環境でしか見られない一般的な照明条件を試してシミュレートするように設計されています
iPhone Xの非常にポピュラーな追加機能で、リアとフロントの両方のカメラで利用できますが、実際にどれだけ再現できるのか、写真家のDaniel DeArco氏が見つけようとしました

DeArcoは、両方の結果を並べて表示する比較ビデオを作成する機会を得ました

iPhone 8とiPhone Xのさまざまなレビューでは、Appleのポートレートライティングモードが素晴らしい写真を作っていると結論づけられていますが、プロの機器がいっぱいのスタジオと比較すると予想通りの結果になりました

Daniel DeArco氏は、Appleがデバイス上の新しいポートレートライティング機能を使って何を達成したかを賞賛しています
また、モデルを使用してデバイス上のさまざまなモードを実行する機会がありました

しかし、彼が到着したという結論は、iPhone 8とiPhone Xで使用する「楽しいギミック」だが、多種多様でプロフェッショナルなセットアップが本当に必要な人たちのためにすぐにプロのスタジオ照明を置き換えることはないと言う結論です

同氏は、プロフェッショナルなものとして置き換えることをAppleは想定しておらず、移動中に驚くべき画像をスナップするために、より多くのオプションとパワーを実際に日々のユーザーに与えることはもっと重要です

なぜなら、ベストカメラはいつもあなたのポケットに入っていて、iPhone Xは、 DSLRやミラーレスカメラに比べて優れています
と言っています

スポンサーリンク


(Via Redmond Pie.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)