「iPhone X」は相当な需要があるが、ビックリするほどではありません

「iPhone X」は相当な需要があるが、ビックリするほどではありません

Appleの待望のiPhone Xがプレオーダーを数日後に控えて、Bernsteinの仲介業者による調査がおこなわれそれによると、デバイスの需要は相当なものになるとの見通しが示されました

10月27日に予約を開始し、11月3日から出荷を開始するiPhone 10周年記念の「iPhone X」の期待が高まっており、すでに発売されたばかりの「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の需要はすでに衰えています

先週、Appleの「iPhone X」の生産が遅れているとの報告と「iPhone 8」の売れ行きが弱いという報告がありました

バーンスタイン氏は、「iPhone X」を取り巻く興奮は、実際の購入意向よりも高いと思われ、アメリカ、英国、中国の調査で回答者の48%が「iPhone Xに興奮している」と強く同意したと述べました

この報告書は、新製品の主力製品の需要を「相当だが例外的ではない」としているが、これは控えめであると思われます

サンプルが今年のアップグレードを計画しているのではなく、すべてのiPhoneの所有者であることを考えると、四半期は大きな割合を占めています

スポンサーリンク


この調査によると、iPhoneユーザーのうち999ドルの「iPhone X」にアップグレードする人の数は疑わしいが、圧倒的多数がAppleのデバイスを選択すると言います

バーンスタイン氏によると、高い価格とイノベーションの低下に対する懸念が継続しているにもかかわらず、iPhoneに対する消費者の忠誠心は非常に強く、次の電話をiPhoneではないと回答したのは僅かに3%のみでした

どのくらいの数の購入者が「iPhone X」を手に入れることができるかは大きな問題です、発売時に販売できるのが僅かに200〜300万台とも言われています

(Via REUTERS.)
予約受付開始まで残るところ2日と約17時間となっていますが、初期ロットを手に入れるのは相当に厳しいものになりそうです


では、では・・・











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)