Apple、「iPhone 8」の製造上の不具合により、供給と出荷遅延の可能性、株価も下落

Apple、「iPhone 8」の製造上の不具合により、供給と出荷遅延の可能性、株価も下落

今夏の製造プロセスの初期に複数の生産上の不具合が発生したため、iPhone 8の供給不足や出荷遅延が拡大する可能性があります

Wall Street Journalによると

「Wall Street Journal」は、来週のAppleの主要な発表に先立ち、iPhone 8の生産に関する新しいレポートを発表しました

製造上の不具合により、製造タイムテーブルで約1ヵ月の後退が生じました。iPhoneを組み立てているAppleの請負業者であるFoxconn Technology Groupは、中国の鄭州にある製造工場で生産を増やしている
同社は鄭州工場で新採用を手伝うことができる従業員に賞与を払っており、同社は6月にFoxconnが約25万人の従業員を雇っていると述べた

Appleが有機発光ダイオード(OLED)スクリーンを使用して新しい携帯電話を構築することによる、”ディスプレイモジュールは、サムスン電子の関連会社によってベトナムで生産されています

ディスプレイとタッチパネルが統合されたサムスン自身のスマートフォンのOLEDディスプレイモジュールとは異なり、iPhoneのディスプレイモジュールはディスプレイの外側にタッチパネルを備えているといいます
iPhoneの製造プロセスには、サムスンの製造プロセスに関連するよりも多くのステップと接着剤と保護膜の層が必要であると、プロセスに精通した人は製造誤差の大きなリスクを引き起こしている、と語りました


スポンサーリンク



最初にリリースされると、新しいiPhoneは一般的に不足します、しかし新しいiPhoneの不足が9月22日に始まると予想される初期販売期間を超えて広がった場合、アナリストや投資家の重要な休暇期間の売上予測が弱まる可能性があると言います

(Via Wall Street Journal.)


この情報の報告の中でAppleの株価が下落しました
IPhone0908 001
AppleのサプライヤであるFoxconn Technologyの株式も午後に落ちたようです


どのくらいの影響が出るのか、実際にはスタートしてみないと解らないのでは?とも思いますが


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)