2017年のiPhoneの3つのモデルが、9月の発売に向けて量産体制に入る

2017年のiPhoneの3つのモデルが、9月の発売に向けて量産体制に入る

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

量産体制へ

業界の情報筋によると、iPhoneサプライチェーンのほとんどのコンポーネントサプライヤーとサービスサプライヤーは7月に好調な販売を記録しており、新しいiPhoneデバイスの生産が勢いを増していると指摘しています

さらに、「DigiTimes」の関係者は、「iPhone 8」、「iPhone 7s」、「iPhone 7s Plus」の3つの新しいiPhoneのすべてが量産に入ったと話しています

サプライチェーンの情報筋によると、LCDの「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」には「不足はない」と述べていますが、OLED iPhone 8の供給は「不足する可能性がある」との情報が流れています、この不足の主な要因の1つは、ユーザーからの「高い期待」に関連しています

情報筋は

新しいiPhoneデバイスに対する消費者の高い期待は、2017年の後半に大部分のコンポーネントサプライヤを稼動させ、毎月または四半期ごとの販売台数を新しい最高水準に引き上げることになるだろう

とコメントしています


スポンサーリンク




Chen氏は、iPhone組み立て業者のFoxconn Electronics、Pegatron Technology、Wistronは、9月から11月の間に収益が最高に達するとの見通しを発表ました

(Via DigiTimes.)


3種類のiPhoneは、Apple Watchと同じようにワイヤレス充電機能を備えていると言わます

また、OLED iPhoneの「iPhone 8」は縦型のデュアルレンズのカメラ、ベゼルレス、Touch IDに替わるFace IDが採用されているとの情報が在ります

「iOS 11」も「beta 5」となり正式版が近くなっていることもわかります、来月の発表と発売が楽しみになってきました


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)