iPhone 8は、フロント&リアカメラで60 FPSで4Kビデオをサポート

iPhone 8は、フロント&リアカメラで60 FPSで4Kビデオをサポート

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

またまた、HomePodファームウェアから

ポルトガル語ニュースサイトiHelpは、iPhone 8は、フロントとリアカメラの両方で、毎秒60のフレームで4K映像のことができるであろうことを示すコードを発見しました

スクリーンショットに示すコードは、60 FPSで4Kビデオをサポートするデバイスを示しています。興味深いことに、各行に「前」と「後」の識別子も適用されているように見えますが、両方のカメラが高品質のビデオをサポートするように思われます
IPhone8Camera 001

スポンサーリンク




現在のところ、iPhone 7とiPhone 7 Plusはリアカメラのみで4Kビデオをサポートしていますが、30FPSでしか再生できません。一方、フロントカメラは1080pに制限されています

HomePodファームウェアによると、リアカメラとフロントカメラからの4KビデオもAppleの新しいHEVCファイルタイプをサポートし、HEVCはファイルサイズを半分に減らすことができます

60 FPSへの変更は、特に後部カメラでは、いくつかの面で理にかなっています

  • Appleはほとんどの場合、各ハードウェアの変更の度にiPhoneカメラを改良していますので、次のステップは60FPSのサポートです
  • iPhone 8は、アップルのARKitフレームワークの一部として拡張リアリティ機能を提供することも期待されています
  • 60 FPSサポートにより、より良いトラッキングなどのAR改善が可能になります

HomePodコードからのこれらのiPhone 8のリークは、未知のソースからの他のリークよりも信頼性が高くなります

HomePodファームウェア内のコードは、今週初めにiPhone 8のフロントデザインを確認したと同時に、顔認識のためのデバイスのサポートに関する詳細を提供しています

それ以外にも、Face IDのApple Payサポート、新しい「SmartCam」モード、タップ・アウェイ・ウェイクのサポートなどのヒントがあります

画像元:iHelp
(Via 9to5Mac.)


後から後から、HomePodファームウェアからの次期iPhoneの情報が漏れてきています

Appleは、「HomePodファームウェア」を公開した時に、全く意図と違う利用方法をするとは思っていなかったのでしょうか?

それとも、HomePodをリリースと共に一気に利用が拡大できるようにとの思いがあったので隠す手間を惜しんだのでしょうか?


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)