TSMC、iPhone 8用10nm A11チップの生産開始

TSMC、iPhone 8用10nm A11チップの生産開始

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

A11 プロセッサの生産開始

「DigiTimes」によると

TSMCは、Appleの10nmの製造プロセスのA11 プロセッサの生産を開始しました

このチップは、秋に発売される予定の同社の再設計されたOLED「iPhone 8」にも搭載される予定です

TSMCはA11チップの唯一のサプライヤであり、今年もiPhone 7と7 PlusのアップグレードされたiPhone 7s/7s Plusと今後の予定されているiPadのリフレッシュにも搭載される可能性があります

TSMCはもともと、7月までに5000万台を完成させるために4月にチップの生産を開始することを目指していましたが、10ナノメートルのFinFET製造プロセスの問題により生産が遅れました

しかしながら、バックエンドの統合ファンアウト(InFO)パッケージングプロセスでコンポーネントを積み重ねることを含む生産上の問題を克服することができました

情報筋によると、TSMCはAppleの次世代iPhone 8シリーズで10nmのチップ製造を開始している、製造はバックエンド統合ファンアウトパッケージングプロセスでコンポーネントを積み重ねるという問題の影響を受けましたが、すでに解決されています



スポンサーリンク




新しいパッケージングプロセスは、iPhone 8のチップとPCBを通常よりも薄くします
これにより、アップルは新しいiPhoneに高容量のバッテリーを装着して、バッテリーの寿命を延ばすことができます

AppleはA10チップの生産をSamsungとTSMCの両方から供給していましたが、今年はA11チップを供給するために独占契約を結びました

Appleは、今年発売予定の3つの新型iPhoneのすべてで、より高速で高電力効率のA11チップを使用する予定です

A11チップとは別に、3つの新しいiPhoneモデルも、ワイヤレス充電機能とガラス設計機能を搭載する予定です

アップルは今年3つの新しいiPhoneを発売する予定です

その中の一つOLED iPhone 8は報道によると、ベゼルレスデザイン、バーチャルホームボタン、タッチIDスキャナがディスプレイが組み込まれていると言われています

(Via DigiTime.)


当初予定の4月からの生産開始から約一ヶ月遅れていますが、この遅れがiPhone 8の発売時期に影響するのか?

発売されても、深刻な供給不足になるのか?

どうなるのか未だ解りませんが、影響が全くないと言えないのではないでしょうか・・・


では、では・・・











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)