iPhone 6/6 Plusの「タッチ無応答病」の原因とその回避方法

iPhone 6/6 Plusの「タッチ無応答病」の原因とその回避方法

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

タッチ無応答病



Cult of Mac」や「Macworld」によると、iPhone 6/6 Plusでタップに反応しない問題が一部のメディアの注目を集めているそうです

「Cult of Mac」によると、その90%はiPhone 6 Plusで発生しているとのことです

原因



ロジックボード上のタッチICチップが部分的に脱却しているとのことで、iPhone 6s/6s Plusの場合はタッチICチップがディスプレイアセンブリ上に移動しているので問題が起きていないそうです

タッチICチップは、ズボンのポケットにiPhoneを入れている時などにわずかに曲がることによって引き起こされるとのこと、より大きい画面の6 Plusが影響を受けやすく問題が集中しているようです


スポンサーリンク



回避方法



根本的な回避方法はないものの

  • iPhoneをケースに入れる
  • iPhoneの上に座らない
  • パンツの背面ポケットには入れない

など、小さな赤ちゃんを扱うようにiPhoneも扱うことだそうです



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)