iPhone 5sではメモリ解放アプリで解放出来ない、それならどうする?

iPhone 5sではメモリ解放アプリで解放出来ない、それならどうする?

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

メモリ解放

これまでアプリ「iMenGraph」を利用してメモリの解放を行ってきました。
iOS 7にバージョンアップしたiPhone 5では問題なくメモリの解放が行えたのですが、同じiOS 7でも「iPhone 5s」ではメモリの解放が行われませんでした。

IMG 9974




– – – – – – – – – – – – – – Google Ad4- – – – – – – – – – – – –



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


この事をTwitterで呟いたところ、はちべえ( @hatchbee)さんに教えて頂きました





iPhone5sでメモリ解放を行うアプリを作ることは出来ない?

メモリ解放アプリ「SySight」の作者の方のブログによると

結論から書きますと、現状においてiPhone5sでメモリ解放を行うアプリを作ることは出来ないと考えています。

従来であれば、メモリが足りなくなった場合は、
(1) バックグラウンドで動作していないアプリ
(2) バックグラウンドで動作しているアプリ
(3) 起動中のアプリ
(?) 音声再生中のアプリ 終了しない?
上記の順番でアプリケーションが終了していたのですが、

iPhone5sではどうやらメモリ不足を起因としてアプリケーションが終了することが無いようです。
SySightを含め、メモリ解放アプリが解放時に終了するのは、従来の(4)ではなく、
単にallocationでエラーが出て強制停止しているに過ぎません。
iOSは他のプロセスへの命令送信は行えないので、kill命令を送りつけて云々、ということも出来ません。

これが64bitCPUの挙動によるものなのか、はたまたOSのバグによるものなのかはわかりませんが、
現状においては上記の通りであり、メモリ解放アプリを作成することは不可能であると判断しました。



ここでも言及されて居られるように『タスクスイッチャーからアプリを消し続ける事と、ルーチン外のアプリはあまり起動しないことを心がければ、快適なiPhoneライフを送ることが出来る』様です


ただ、バックグラウンドからアプリを終了させるのが手間だからの、メモリ解放アプリな訳で、早く何か解決方法が見つかればと思います。



「iPhone 5s」ユーザーは取り敢ず、タスクスイッチャーからアプリを消し続ける事と、ルーチン外のアプリはあまり起動しないことを心がけると言う事になりそうです。





SySight 3.0.1

App

カテゴリ : ユーティリティ
価格 : ¥85
リリース日 : 2012/11/02
容量 : 335 KB
販売元: Nobuo Saito
AppStoreでの評価 : 無し

価格は記事投稿時の価格です、ご購入の際は App Store で最新価格 をご確認の上、くれぐれも「自己責任」でお願いします。


– – – – – – – – – – – – – – Google Ad3- – – – – – – – – – – – –



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –















LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)