MagSafe 15W高速充電はApple 20Wアダプタに限定される

MagSafe 15W高速充電はApple 20Wアダプタに限定される

新しいテストで、AppleのMagSafe充電パックはiPhone 12で15Wでピークに達しますが、それはAppleの20Wアダプタと組み合わせた場合のみであることが示されています

この明らかな制限は、YouTubeチャンネルZollotechのAaron Zollo氏によって公開されました

AppleのMagSafeデバイスの包括的な評価で、Zollo氏は、新しいスタンドアロンの20W USB-Cデバイスが、iPhone 11 Proハンドセットに付属する18Wユニットという、二つのAppleアダプターを比較し高い充電率を達成していることを公開しています

インライン・デジタル・メーターでエネルギー・スループットを測定したところ、MagSafeが宣伝されている15Wのピーク充電率(ビデオで最大16W)をAppleブランドの20Wアダプターと組み合わせると達成することがわかりました

18Wのアダプタを使えば、速度は約13Wに低下しますが、Zollo氏によると、このレベルに達するのには時間がかかることを指摘しています

Apple独自の96W MacBook Pro USB-Cアダプタは、10WのMagSafeを搭載し、AnkerのPowerPort Atom PD 1と同等の性能を示しました、同様に、Aukeyの65Wアダプタ、GoogleのPixelアダプタ、およびサムスンのNote 20 Ultraアダプタに接続した場合、6Wと9Wの間で充電率が変動しました

スポンサーリンク


サードパーティ製デバイスをiPhone 12シリーズデバイスに接続する場合、高速で安定した電力供給を確保するには、MagSafe互換の電力供給 (PD) プロファイルを採用する必要があるようです

どのような充電ソリューションでも予想されるように、温度は潜在的なスループットにおいて重要な役割を果たします

Zollo氏は、MagSafeが温度が上昇すると速度が大幅に低下することを発見し、20Wのアダプタを使用しても実際のレートは一定の15Wではないことを意味します

熱が上昇すると、繊細なハードウェア コンポーネントとバッテリー自体を保護するために、エネルギー出力が低下します、場合によっては、ユーザーはケースから iPhone を取り外す必要があります

Zollo氏は、iPhone 8PlusやiPhone11 Pro Maxなどの古いQi互換のiPhoneモデルが、MagSafeで約5Wで充電されることも確認しています、Appleは以前、Qiデバイスは7.5Wで充電すると述べていました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)