2021年初頭のApple Silicon iMacは「A14T」プロセッサを搭載

2021年初頭のApple Silicon iMacは「A14T」プロセッサを搭載

サプライチェーン情報筋によると、Appleは、間もなく発売されるApple Silicon Mac用の新しいデスクトッププロセッサ「A14T」と独自のGPUを製造する予定で、どちらも5nmプロセッサになるとのことです

Appleが、Apple Silicon Mac用の「A14X」プロセッサの量産に入ることが予想される中、「A14T」と呼ばれる新しいデスクトッププロセッサを開発しているという新しいレポートが発表されています

これに加えて、Appleが設計したグラフィック処理ユニットが2021年に発売される予定で、Appleはすでに新しい「A15」シリーズを設計しているとのことです

China Timesによると、Appleには「Mt Jade」というコードネームの研究開発プロジェクトがあり、この新しいプロセッサを開発しているとのことです

Appleが設計したGPUは、内部では「Lifuka」という名前で知られています – おそらくトンガ王国の島にちなんで名付けられたものと思われます

Apple Silicon iMac 00002 z

スポンサーリンク


「Lifuka」「A14T」そしてさらに「A15」プロセッサは、すべてTSMCの5nmプロセスを使用して構築されると考えられています、 iPhone 12シリーズはTSMCの5nmプロセスを採用しています

TSMCは以前、Appleの「A16」チップを3nmプロセスでベースにしていると報告されています、このプロセッサは2022年にiPhoneとiPadに搭載されると予想されています

報道によると、11月に予定されているAppleの初代シリコンマックには、「A14X」プロセッサが採用されるとのことです

iPhone用の「A15 Bionic」は、2021年の第3四半期に生産を開始すると予想されています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)