6月契約数はドコモが5カ月ぶり純減、他社からのMNPで乗り換え促せず、ただ実売状況を見ると

6月契約数はドコモが5カ月ぶり純減、他社からのMNPで乗り換え促せず、ただ実売状況を見ると

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

6月契約数はドコモが5カ月ぶり純減

DaS 001

ロイターによると、NTTドコモが新規契約から解約を差し引いた件数で5カ月ぶりの純減。

MNPによる流入はKDDIが21カ月連続で首位を維持、純増数ではソフトバンクが18カ月連続で首位だったとか。

KDDIは23万2200件の純増で、MNPでは8万5300件の転入超過、ソフトバンクの純増数は24万8100件でMNPは5万9900件となっています。

これを見ると、ドコモあかんな~、KDDI凄いやん、ソフトバンクもがんばってるやんと言うイメージになるのですが、実売の状況を見て見ると・・・・BCNランキングの携帯電話の2013年6月24日〜6月30日の状況です

Docomo 002





– – – – – – – – – – – – – – Google Ad3- – – – – – – – – – – – –



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


店頭での実売の状況

私の見た範囲内でのMNPの状況では

ドコモのツートップの一角「Xperia A」のみ実質0円、KDDIとソフトバンクの「iPhone」は一括0円での販売でした


実質0円と一括0円の違い

実質0円とは、端末の代金相当を月々のデータ通信料から契約期間で割引しますと言うことで、データ通信料がなくては成立しません

一括0円とは、端末の代金が0円ですので無料で端末が手に入る、但し月々のデータ通信料はフラットプランが必要と言う事になります。


KDDIとソフトバンクの違い

両社共に一括0円で同じ様に見えるのですが、契約出来るデータプランが異なるのです。

両社共にフラットプランと従量制プラントがありますが、最低料金の違いがありKDDIは0円からになり、ソフトバンクは2,100円からと言う違いがあります。

これは、契約の方法では月々の運用金額が最低の場合KDDIではユニバーサルサービス料の3円で済むと言うことになり、ソフトバンクは最低でも2,100円+ユニバーサルサービス料の3円ということになります。


比較できるのか?

ロイターの記事では

<顧客獲得競争はKDDIが首位を維持>

一方、KDDIは23万2200件の純増(同12万6500件)で、MNPでは8万5300件(同3万5900件)の転入超過となった。ケーブルテレビの加入者などを対象に固定回線とセットでスマホの通信料金を割り引く料金プラン「スマートバリュー」の効果が継続、顧客獲得につながったという。

ソフトバンクの純増数は24万8100件(同22万2300件)だった。MNPは5万9900件(同2万8400件)の転入超過。つながりやすさをアピールした宣伝効果のほか、米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート) のスマホ「iPhone(アイフォーン)」などが引き続き堅調だった。


これって、数字だけを見てのコメントとしか見えないのですが、ほとんど無料で配っている様な状態なのと、有料で販売しているのを同列に扱えるのかな?
実売状況を折り込んでコメントをする必要もあるのではないかと


事実を知ると

「ドコモあかんな~、KDDI凄いやん、ソフトバンクもがんばってるやんと」と感じた事が、「0円で販売して維持費が月額3円、これでやっていけるの?まあこれが全てではないだろうから、普通に販売され普通の維持費は相当ぼったくられているのでは?」と感じてしまうのですが・・・・

それと共に、ここまでしないとAppleからのiPhoneの販売ノルマが厳しいのか?、ノルマを達成出来なければペナルティがあるのか?

なんてことも、思ってしまいます。





– – – – – – – – – – – – – – Google Ad3- – – – – – – – – – – – –



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)