OLED iPadの画面には2層技術が採用され、より明るいディスプレイと長寿命を実現する

OLED iPadの画面には2層技術が採用され、より明るいディスプレイと長寿命を実現する

Appleが使用するディスプレイの種類を推測する最近のOLED iPadスクリーンに関するレポートがすでに1件ありましたが、今日また新たなレポートが届きました

これは、有機EL iPadが先進的な新しいツインレイヤーデザインを採用することを示唆しており、AppleのディスプレイサプライヤーであるSamsungとLGは、どちらも新しいパネルを生産する計画を立てていると言われています

以前のハイブリッドスクリーンのレポート

先週のサプライチェーンのレポートによると、Appleは最初のOLED iPadにガラスとポリアミドのハイブリッドフィルムディスプレイを使用すると予想されています

柔軟性のあるポリアミドフィルムは、現在のiPhoneモデルの小さなベゼルに必要な柔軟性だけでなく、ガラスよりも優れた利点を提供します、作業が容易で、生産コストが低く、軽量です。多少の歪みはありますが、小さすぎて肉眼では見えません

問題は、iPadに使われるような大きなパネルにスケールアップしたときです、そこでAppleは、ガラス基板とフィルム基板を組み合わせたハイブリッドパネルを採用すると予想されています

スポンサーリンク

2層構造のOLED iPadスクリーン

“two stack tandem OLED”と呼ばれるこの技術は、画素を1層ではなく2層に重ねます

Appleは、2024年に初の2層タンデム型有機ELパネルを搭載した有機EL iPadを発売する予定です

2層のRGB発光層を縦に積み重ねることで、画面の明るさを高めながら長寿命化を実現し、スマートフォンよりも長時間使用されるタブレットやPCに最適な技術となっています

mini-LEDと同様に、この技術はまずiPad Proモデルに搭載されますが、今年のiPad Proはmini-LEDバックライト付きIPS液晶に留まると予想されています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)