2022年 iPad Pro、11インチモデルと12.9インチモデルの両方でmini-LEDディスプレイを採用

2022年 iPad Pro、11インチモデルと12.9インチモデルの両方でmini-LEDディスプレイを採用

Appleは今年初め、M1チップ、5G対応、そしてmini-LEDディスプレイを搭載した新世代のiPad Proを発表しました

しかし、この新しいディスプレイ技術は、少なくとも今のところ、12.9インチモデル専用となっています、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、新しいリサーチノートの中で、2022年には11インチと12.9インチのiPad Proの両方にmini-LEDパネルが搭載されると述べています

Kuo氏によると、Appleはより多くの製品にこの技術を採用する計画なので、より多くのmini-LEDディスプレイサプライヤーに投資しています

Appleのmini-LEDディスプレイを搭載した最初のデバイスは、今年の初めに発表された12.9インチのiPad Proでした、mini-LEDはバックライトに搭載された何千もの小さなLEDを使用しているので、OLEDと同様に高いコントラスト比と深い黒を実現しています

スポンサーリンク


この技術はより高価なため、 Appleは今年、12.9インチのiPad Proにのみ採用しました、しかし、mini-LEDディスプレイのサプライヤーが増えることで、部品のコストが下がり、この新しいパネルを搭載したデバイスをより多く製造できるようになると、アナリストは考えています

次世代のiPad Proでは、小型の11インチモデルにもmini-LEDディスプレイが搭載されるはずです

Kuo氏のレポートも、2022年 iPad Proは現行世代の11インチと12.9インチと同じスクリーンサイズを維持する可能性が高いことを裏付けています

先月のBloombergの記事によると、Appleはデザインを一新したガラスバックのiPad Proを開発していると言うことですが、Appleがこの新しいデザインを2022年に採用するかどうかは不明です

Kuo氏は、Appleが今年後半にmini-LEDディスプレイを搭載した新型MacBook Proを発表し、同じ技術が来年のMacBook Airにも搭載されると強調しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)