Mini-LEDディスプレイの供給不足のために制限されるが、12.9インチのiPad Proは早ければ4月後半の予定

Mini-LEDディスプレイの供給不足のために制限されるが、12.9インチのiPad Proは早ければ4月後半の予定

Appleが発売を予定している12.9インチiPad Proは、同製品に採用されているMini-LEDディスプレイの生産上の問題により、発売時に供給が不足する可能性があるとBloombergが報じています

Appleのサプライヤーは、ディスプレイの製造歩留まりが悪くなっており、少なくとも1社のMini-LEDメーカーは、これらの問題が原因で製造を中止しなければなりませんでした

Mini-LEDディスプレイの製造には問題があるものの、Appleはまだ今月中に新しい11インチと12.9インチのiPad Proを早期に発表しようとしています

また、以前の噂が示唆するように、Mini-LEDディスプレイは大型の12.9インチのiPad Pro専用となります

Mini-LED技術は、コントラスト比の向上や明るさの改善など、複数のメリットをもたらします

Bloombergは3月、iPad Proのリフレッシュモデルが早ければ4月に登場すると報じていましたが、これ以上具体的な予定は公開されていません

新しいタブレットがプレスリリースで紹介されるのか、それともiPad miniもリフレッシュされると予想されていることから、Appleが何らかのイベントを用意しているのかは明らかではありません

新しいiPad Proモデルは、Mini-LEDディスプレイとともに、M1並みの性能を持つA14XチップとThunderbolt接続機能、より優れたカメラを搭載することが予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)