iOSコードから「A14X」プロセッサが判明、iPad Proのアップグレードが噂される

iOSコードから「A14X」プロセッサが判明、iPad Proのアップグレードが噂される

9to5Macは、本日開発者およびパブリックベータユーザー向けに5番目のベータ版がリリースされたiOS 14.5のコードの中に、噂されている来月発売される新型iPad Proの新しい「A14X」チップに関する記述を見つけました

Appleのすべてのチップは内部的にコードネームで呼ばれており、iOS 14.5には「13G」と呼ばれるチップのGPUに関する記述が含まれていますが、これは現在発売されているiOSデバイスでは使用されていません

これまでのチップ名の付け方や9to5Macが得た情報から、「13G」はA14 BionicチップのバリエーションであるA14X SoCであると言えます

調査によると、A14Xは最初のApple Silicon Macに使用されたApple M1チップのコードネームであるT8103をベースにしていることもわかりました、これは、次世代iPad Proが “より高速なM1チップと同等のアップデートされたプロセッサーを搭載する”と主張する、最近のBloombergのレポートを裏付けるものです

スポンサーリンク


2021年前半に導入される新しいiOSデバイスは、次世代iPad Proだけになるという噂があるように、今回発見されたA14Xチップが、少なくとも今のところは別のデバイスに向けられているとは考えにくいです

9to5Macは、新型iPadのコードネームがJ517、J518、J522、J523であることも突き止めました

これらの記述がiOS 14.5で見つかったことは、次世代iPad Proが間もなく登場することを示唆するものでもあります

もし今年後半に登場する予定であれば、Appleは新しいチップのサポートを追加するためにiOS 15まで待つはずです。また、Appleは2021年3月2日以降、Xcodeベータ版の新ビルドをリリースしていないことにも注目しています

これは、公式発表まで秘密にしておく必要のある新しいハードウェアを準備しているときに同社が行うことです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)