iFixit、AppleのiPad Pro用Magic KeyboardのX線撮影を公開

iFixit、AppleのiPad Pro用Magic KeyboardのX線撮影を公開

iFixitがiPad Proの新しいモデル用に設計された新しいMagic Keyboardの完全な分解はまだ行っていませんが、修理サイトは本日、X線撮影会社のCreative Electronと提携し、Magic KeyboardのX線写真を作成し、公開しています

Magic Keyboardは、現在Appleの製品ラインアップから事実上排除されているバタフライキーの代わりにシザースイッチキーを使用しています

シザースイッチの仕組みはレントゲン写真でもはっきりと確認できますが、iFixitでは「アクセサリの中で最もシンプルな仕組みですが、Smart Keyboardに比べて最大の改善点だと思います」と説明しています

キーボードの下には、iFixitがキーボード本体の曲がりに対する補強のためと思われる金属プレートがあり、トラックパッドはMacBookのトラックパッドとは異なる新しいデザインとなっています

Magic Keyboard X Ray 00004 z
MacBookのトラックパッドにはボタンがなく、押下を触覚フィードバックでシミュレートしているのに対し、トラックパッドの下には押下をキャプチャするための複数のボタンがあるように見えます

スポンサーリンク


Magic Keyboard X Ray 00003 z
折りたたみ部分には、小さなコイルと大きなコイルの両方を備えた、少なくとも2つのスプリングを搭載したヒンジがあります

iPad ProのMagic Keyboardを保持するために使用されている磁石を使って、たくさんの磁石がレントゲンで確認できます

Magic Keyboard X Ray 00002 z
カメラの切り取り口の周りには小さな磁石のリング全体があり、iFixitによると、iPad Proのコンポーネントを並べたり、スペースを空けたり、構成したりするための「小さな極小のビットがたくさん」あるとのことです

iFixitによると、Magic Keyboardには多くのノートPCに搭載されている以上の機能が搭載されていると述べています

(Via iFixit.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)