iFixit、iPad Pro 2020の分解ビデオを公開しLiDARスキャナーの詳細が明らかに

iFixit、iPad Pro 2020の分解ビデオを公開しLiDARスキャナーの詳細が明らかに

iFixitは、iPad Pro 2020の分解ビデオを公開しています

iFixitによると、2020年モデルのiPad Proの内部のほとんどが2018年モデルと同じであることがわかり、このデバイスが比較的インクリメンタルなアップデートであることが確認されました

新しいiPad Proの内部に見られた最も注目すべき新機能は、最大5m離れた周囲の物体までの距離を計測するLiDARスキャナーで、拡張現実(AR)を利用した体験の強化を可能にしています

iFixitはまた、8コアのGPU、強化されたサーマルアーキテクチャ、チューニングされたパフォーマンスコントローラを搭載した新しいA12Z Bionicチップにも注目しました

IFixit iPad Pro 2020 00002 z

スポンサーリンク


A12Z Bionicチップは6GBのRAMとペアリングされており、1TBの2018年モデルを除くすべてのモデルで4GBからアップグレードされています

今週初めには、A12Zチップは基本的にはA12Xチップの名前を変更したもので、余分なGPUコアが有効になっていることが報告されていました

USB-Cポートは引き続きモジュール化されており、独立して交換することが可能ですが、接着剤がほぼすべてを固定しているため、すべての修理がより困難になっています

全体的に見て2020年のiPad Proは、iFixitによる修理しやすさの評価は 2018年モデルと同じ10点満点中3点のiFixitの修理可能性スコアを獲得し「かなりひどい修理手順」でした

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)