iPad Pro 2020のティアダウンで、より小型のバッテリーとLiDARスキャナーが明らかに

iPad Pro 2020のティアダウンで、より小型のバッテリーとLiDARスキャナーが明らかに

YouTubeに投稿されたAppleの2020年版iPad Proの分解によりでは、2018年モデルとほぼ同じである新しいタブレットの内部デザインやコンポーネントの搭載状況を、おおよそではありますが状態を見ることができます

iPad Pro 2020の分解によりでAppleのLiDARスキャナーアレイが明らかになりました

新しい11インチiPad Pro 2020は、2つのセルに分割された7,540ワット時のバッテリーから給電されており、2018年版で提供された7,812ワット時のユニットからわずかに減少しています

興味深いことに、デュアルカメラとLiDARスキャナーというパッケージ全体が、iPhone 11 Proに搭載されたトリプルレンズユニットよりもコンパクトになっています

スポンサーリンク


ロジックボードの前面は、2018のタブレットで見つかった回路基板とほぼ同じように見えます

再設計された電源コネクタやデータコネクタなど、いくつかの小さな変更があり、2018年に「343S00248-A0 1835NHGY」と特定されたチップの交換になる可能性が在ります

現在義務付けられている曲げテストでもわかるように、iPad Proは、薄いアルミニウム製の筐体に十分な力を加えると、当然ながら座屈してしまいます

今年のiPad Proが、先代モデルと同じ様に曲がりに悩まされるかどうかは未知数です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)