新しいiPad Proのすべてのモデルは、6 GBのRAM、U11チップ、およびWi-Fi 6が搭載

新しいiPad Proのすべてのモデルは、6 GBのRAM、U11チップ、およびWi-Fi 6が搭載

Appleは、新しいMagic Keyboardを備えた新しいiPad Proをリリースしました

すべてのモデルで6GBのRAMを搭載

9to5Macのレポートによると、すべてのiPad Pro 2020には6GBのRAMが搭載されています

これはiPad Pro 2018からのアップグレードで、iPad Pro 2018の1TBバージョンのみに6GBのRAMが搭載されていましたが、下位のストレージモデルには4GBのRAMでした

これで、128GB、256GB、512GB、または1TBモデルを購入した人は誰でも、同じパフォーマンスを持つことになります

新しいモデルにはU11チップも搭載

開発者に本日リリースされたiPadOS 13.4 GM版では新しいiPad Prosが新しいiPhoneで見つかったU11ワイドバンドチップを搭載していることを明らかになりました

U11は現在、デバイス間のより直接的なAirDrop転送に使用できますが、失われたデバイスをより正確に特定するなど、より重要な用途が期待されています

これらのより便利な機能は、将来のソフトウェアリリースで予定されています

IPad Pro 2020 00004 z

スポンサーリンク

A12Zプロセッサには8つのコア

GM版で詳細に説明されていないことの1つは、新しいiPad Proを駆動するプロセッサである新しいA12Zチップです

新しいプロセッサが8コアにアップグレードされたのに対し、その前身であるA12Xには7コアしかありませんでした

Wi-Fi 6をサポート

GM版で見つかったもう一つは、新しいiPadモデルのすべてがWi-Fi 6サポートを備えているということです

Wi-Fi 6はまだ比較的新しく、まだ多くのデバイスでサポートされていませんが、勢いを増すにつれて、速度がより速くなり、カバレッジが向上するでしょう











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)