iPad Pro 2018は、ヘッドフォンジャックがなくなり厚さが5.9mm

iPad Pro 2018は、ヘッドフォンジャックがなくなり厚さが5.9mm

厚さ 5.9mm

TwitterでiPhone XSとXRの詳細を公開したCoinCoin氏によると、iPad Pro 2018の厚さは 5.9mmとなり、ヘッドフォンジャックを設定する余地がないとツイートしています


5.9mmの見積もりは、Slashleaksで昨日共有されたiPad Proのディメンションと一致していて、これは新しいiPad Proが5.86mmの厚さを測定することを示唆しています

また、現在のiPad Proの測定値と一致しており既存の10.5インチiPad Proは厚さが6.1mmなので、新モデルの方がやや薄く理にかなっています

Appleが導入する予定の2つのiPad Pro 2018モデルのうち、約10.5から11インチ程度のモデルに5.9mmの見積もりが適用される可能性が高く、現在の12.9インチiPad Proは、厚さ6.9mmの10.5インチiPad Proよりも厚い
IPad Pro 2018 Headphone Jack 001
昨日Slashleaksで共有されているiPad Proの寸法は、17.7cm幅(178.52mm)と高さ9.7インチ(247.64mm)の小型iPad Proと、大きいモデルは幅8.5インチ(215mm)、高さ11インチ(280.66mm) があります

スポンサーリンク


これまでの噂の次世代のiPad Proモデルでは、前面ベゼルの筐体がFace ID用のTrueDepthカメラシステムを搭載し、よりスリムなベゼルを使用することが実際に示唆されています、下側のベゼルは、Appleがホームボタンを削除する予定であるため、既存のモデルよりもスリムになります

ヘッドホンジャックがないと言うのは初めて聞いた噂ですが、 AppleはiPhone 7以降、ヘッドフォンジャックを提供していない代わりにAppleのAirPodやLightningベースのソリューションのようなBluetoothヘッドフォンを使用するように勧めています

Slashleaksで共有されている情報はケースメーカからのものである可能性が高く、他のソースから入手したデータでサポートされているため、かなり正確です

新しいiPad Proモデルの寸法以外にも、この情報はまた、2つのタブレットの背面に新しいスマートコネクタが存在することを確認しています
IPad Pro 2018 Headphone Jack 004
他のiPad Pro 2018の噂では、Lightningポートの代わりにUSB-Cポート、高速A12Xチップ、第2世代のApple Pencilのサポートが搭載されていると言われます

iPad Pro 2018が何時発表されるか公式のアナウンスはありませんが、10月の終わりが最も可能性が高いと予測しています

(Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)