Apple、iOS 16.2ベータ版ユーザー向けに新たな迅速なセキュリティ対策アップデートをリリース

Apple、iOS 16.2ベータ版ユーザー向けに新たな迅速なセキュリティ対策アップデートをリリース

Appleは本日、iOS 16.2ベータ版を使用しているユーザー向けにRapid Security Responseアップデートをリリースし、iOS 16で機能がリリースされてから2回目のRSRアップデートを開始しました

Rapid Security Response Updateは、完全なアップデートをインストールすることなく、iOS 16.2ベータ版ユーザーにバグ修正を提供することを目的としています

iOS 16.2ベータ版ユーザー向けの最初のRSRリリースは、実際のバグ修正のないテストであり、このアップデートのサイズを考えると、RSRシステムのテストにも適している可能性が高いです

iOS Security Response 16.2 (b) は、設定アプリの標準のソフトウェアアップデートを通じて利用可能ですが、迅速なアップデートであり、アップデートのダウンロードに数分しかかからず、その後インストール作業に素早く再起動が必要なクイックアップデートとなっています

スポンサーリンク


Rapid Security Responseアップデートをインストールすると、iOS 16.2ユーザーにはiOS 16.2 (b) のアップデート版が表示され、「設定」の「バージョン情報」セクションでバージョンをタップすると、インストールされているiOSのバージョンとRapid Security Responseアップデートに関する情報が表示されます

Rapid Security Responsesはデフォルトでは自動的にインストールされるが、Appleはこれを削除する方法を実装しています

Appleが公開した最新のサポート資料によると、Rapid Security Responseを削除するには、 [設定] > [一般] > [バージョン情報] の順に選択し、iOS版をタップしてから、 [セキュリティ更新プログラムの削除] をタップすればよいととのことです

Rapid Security Response 002

Appleによると、Rapid Security Responseを後日再インストールするか、標準的なソフトウェアアップデートの一環として恒久的にインストールされるまで待つことができるといいます

Rapid Security Responseを削除する必要がある理由は不明です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)