iPhone 15、低照度性能向上のためSony製「最先端」イメージセンサーを採用

iPhone 15、低照度性能向上のためSony製「最先端」イメージセンサーを採用

日本経済新聞の報道によると、Appleの次期iPhone 15 にはSonyの最新技術であるイメージセンサが搭載されるとのことです

標準的なセンサーと比較して、Sonyのイメージセンサーは各ピクセルの彩度信号を2倍にして、より多くの光を取り込むことで露出不足と露出過剰を低減しています、日経によると、強い逆光でも人物の顔をよりよく撮影できると言います

Sonyは、フォトダイオードとトランジスタを別々の層に配置する半導体アーキテクチャを採用しており、より多くのフォトダイオードを使用できるようにしていいます

すべてのiPhone 15 sモデルが新しいセンサー技術を使用するのか、Appleがハイエンドの”Pro”iPhone 15 sモデルに限定するのかは明らかではありません

スポンサーリンク


現時点では、iPhone 15 Proには、アップデートされたAチップ、高速なUSB-Cポート、より多くのRAM、そして最も顕著な更新されたズームカメラ技術など、標準のiPhone 15 モデルでは利用できないいくつかの排他的な機能があることが噂されています

Appleは、iPhone 15 Proの光学ズーム機能を向上させ、市場に出回っている一部のAndroidスマートフォンに合わせて最大10倍の光学ズームを可能にするペリスコープ望遠レンズに取り組んでいます

ここで説明されているSonyのイメージセンサー技術は、Appleが通常レンズごとに異なる技術を使用しているため、AppleがiPhoneの「メイン」カメラと見なしているワイドカメラに使用される可能性が高いと言えます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)