初代AirPods ProとAirPods MaxのiOS 16.1、適応型環境音除去機能はバグ

初代AirPods ProとAirPods MaxのiOS 16.1、適応型環境音除去機能はバグ

BloombergのMark Gurman氏によると、AirPods Pro 2のAdaptive Transparency(適応型環境音除去)機能は、オリジナルのAirPods ProまたはAirPods Maxには提供されないとのことです

「Adaptive Transparency(適応型環境音除去)」 設定は、iOS 16.1ベータ第3版に登場したバグのようです

AirPods Maxと初代AirPods Proの所有者は、iOS 16.1とAirPodsのベータファームウェアにアップグレードした直後に、元のTransparency設定に代わってAdaptive Transparency設定になっていることに気付き、Appleがこの機能を追加デバイスに拡大していると推測されていました

AppleはAdaptive Transparencyのような新機能を謳い、古いデバイスにも持ってくることはあまりないので、不思議な判断でしたが、実は間違って追加されていたというのも納得できます

スポンサーリンク


初代AirPods ProとAirPods Maxには適応型環境音除去機能の実装が全くなく、Appleが誤って適応型環境音除去の設定を実際には対応していないデバイスに見えるようにした可能性が高いです

適応型環境音除去はAirPods Pro 2の機能で、Appleは新しいイヤホンを紹介する際に、新しいH2チップのおかげであると大々的に強調しました

適応型環境音除去は、すべてのノイズを遮断することなく、サイレン、建設作業、コンサートの大音量スピーカーなどの大きな音をAirPods Proで静かにさせるように設計されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)