Apple Pay機能、iOS 16では他のブラウザにも搭載される可能性が

Apple Pay機能、iOS 16では他のブラウザにも搭載される可能性が

iOS 16ベータ版で発見された新機能に、 Apple Payなどのサービスをほかのブラウザで利用できるというものがあります

MacRumorsの寄稿者であるSteve Moser氏は、Apple ChromeやMicrosoft Edgeなどの代替ブラウザーを使用している場合にGoogle Payがサポートされることを示した最近のツイートで、この機能を強調しました


iOS 16以前は、Apple PayはAppleのSafariブラウザでしか利用できませんでした

上のツイートでは、Moser氏がApple Payを使ってオンラインショッピングをしようとし、「Apple Payで続ける」という選択肢を与えられています

スポンサーリンク


The Vergeはさらに、この新機能がMozilla Firefoxブラウザでも利用可能になるかもしれないと報じています

現時点では、この機能はmacOSでは利用できないようです、Apple Payで支払うためには、MacでSafariを使用している必要があるからです

これは、3つのブラウザすべてが現在Mac App Storeからダウンロードできないのに対して、iOSとiPadOSではApp Storeからダウンロードでき、Appleの標準に準拠したSafariのレンダリングエンジンとWebKitを実行できることが原因かもしれません

(Via Appleosophy.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)