AppleのiPhone、第2四半期の世界スマートフォンシェアで最高を記録

AppleのiPhone、第2四半期の世界スマートフォンシェアで最高を記録

Strategy Analyticsの新しい調査によると、2022年第2四半期(Q2)の世界のスマートフォン出荷台数は前年同期比7%減少し、2億9,100万台となりました、しかし、AppleのiPhoneにとっては朗報でした

同調査グループによると、Samsungは2022年第2四半期、世界スマートフォン市場で22%のシェアを獲得し、トップに立ちました、しかし、2位のAppleのシェアは16%と、10年ぶりの高水準でした

Strategy Analyticsによると、iPhoneの世界スマートフォン市場シェアは現在16.3%で、Samsungの21.5%を下回っています、中国を拠点とするXiaomi、OPPO (OnePlusを含む) 、そしてvivoはトップ5にとどまっています

2022 07 30 10 38 42

Strategy AnalyticsのディレクターであるWoody Oh氏は次のように述べています

Appleは4800万台のiPhoneを世界で出荷し、前年比3%増、2022年Q 2の世界市場シェアは16%だった

これはAppleにとって過去10年間で最高の第二四半期の市場シェアであり、国内外市場の不振に阻まれている中国の主要ブランドを犠牲にしている。Appleは好調な四半期を終え、iPhone 13シリーズを筆頭にアメリカ、中国その他主要市場で販売台数を伸ばした

スポンサーリンク


Strategy AnalyticsのシニアディレクターであるLinda Su氏は、スマートフォンの世界出荷台数は、2022年通年で前年比-7%から-8%のペースで減少すると予測しており、2022年下半期は、地政学的な問題、景気後退、物価上昇、為替変動、COVIDの破壊的事業がスマートフォン市場を引き続き圧迫する見込みです

これらの逆風は、2023年の後半に状況が落ち着く前に、来年の前半まで続くと思われます、SamsungとAppleは引き続き上位2位を維持するでしょう

中国ブランドは、中国市場での業績を安定させ、低迷を終わらせるための新たな成長エンジンを探る必要があると、考えています

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)