iPadOS 16では、デバイスメーカーが「DriverKit」を使ってiPad用のドライバを作成可能に

iPadOS 16では、デバイスメーカーが「DriverKit」を使ってiPad用のドライバを作成可能に

AppleはiPadOS 16を発表し、iPadの動作に大きな変更を加えました、特にM1チップを搭載したiPadはウィンドウ付きのマルチタスク機能を備え、外部ディスプレイに対応しています

これらの機能に加えて、iPadOS 16では初めて、デバイスメーカーが新しい「DriverKit」APIを使ってiPadのドライバーを作成できるようになりました

DriverKitはもともとMac用に作られたフレームワークで、デバイスメーカーはこれを使って自社製品にmacOSとの完全な互換性を持たせるためのドライバーを開発できます

このAPIは、カーネル拡張機能に代わるものとしてmacOS Catalinaで導入されました、DriverKitは、システムのセキュリティと整合性を確保するために、すべてのシステム特権にアクセスせずにユーザー空間で実行されるアプリ拡張機能です

今年Appleは、DriverKitをiPadOS 16でiPadに導入する。これによりデバイス・アクセサリーメーカーは、自社製品がiPadと互換性を持つようにするための専用ドライバーを作ることができます

スポンサーリンク


現在のところ、iPadOS 16のDriverKit APIはUSB、PCI、およびオーディオデバイスをサポートしています

このAPIはMacでも利用できるので、Apple Silicon対応のmacOSドライバーを作成した開発者は簡単にiPadに移植できます、ドライバーは通常のアプリとしてApp Store経由で配布できますが、その機能は他のアプリにも拡張されます

たとえば、iPadOSでDriverKitを利用すれば、初めてiPadにThunderboltのオーディオインターフェイスを接続できるようになります、これは、USBマイクなどのあまり複雑でないデバイスでも機能します

ユーザがiPadOSに新しいドライバをインストールするときは、設定Appで手動で有効にする必要があります

ユーザーはドライバーのオン/オフをいつでも切り替えることができ、Appleによると、それぞれのドライバーは外部デバイスがiPadに接続されている間のみ機能します

残念ながら、Appleによると、DriverKitはM1チップを搭載したiPadを必要とします

これまでiPadOSに対応していなかった新しいアクセサリーを利用できるようになるため、M1 iPadユーザーにとっては大きなニュースです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)