AppleがiOS 15に搭載されると約束した機能の内、正式リリースには間に合わない6つの機能

AppleがiOS 15に搭載されると約束した機能の内、正式リリースには間に合わない6つの機能

Appleは2021年6月のWWDCキーノートでiOS 15を発表し、多くの新機能のお披露目をしました

しかし、新しいイノベーションのいくつかは、おそらく9月のiPhone 13 と一緒に、iOS 15が到着するときに準備ができていません

これは、実はそれほど珍しいことではありません。iOSの新バージョンが正式にリリースされる前の最後のベータ段階で、以前に発表されたいくつかの機能が削除されることはよくあることです

通常、Appleはまだ正しく動作していないために機能を削除し、エンジニアにすべてを修正するための時間を与えます、例えば、iOS 14では、コントロールセンターのShazamボタンはiOS 14.2まで、Pro Resは14.3まで、プライバシーとデータ使用の機能は14.5まで搭載されませんでした

今後のアップデートで登場する可能性が高いが、iOS 15の最初のリリースでは存在しない機能

  • SharePlay
  • デジタルIDカード
  • アプリのプライバシーレポート
  • カスタムメールドメイン
  • CarPlayでの詳細な3Dナビゲーション
  • デジタル遺産

スポンサーリンク

SharePlay

多くのユーザーが楽しみにしていたShareplayは、ユーザーが曲やビデオ、画面を他のユーザーと共有することで、一緒に体験できるようになります、Shareplayは、すでに開発者やその他のベータユーザー向けに提供されていましたが、iOS 15 Beta 6のリリースで変更されました

Appleは、Shareplayが無効になったことを確認し、iOS 15の最初の公開バージョンには含まれないことを発表しました

デジタルIDカード

少なくとも米国の一部の州では、IDカードや運転免許証などのIDカードが、iOS 15でデジタル化されることになっていました、この機能は、今年の後半にiOS 15ユーザー向けの別のアップデートで別途リリースされることが、AppleのWebサイトですでに確認されています

アプリのプライバシーレポート

アプリのプライバシーレポートでは、過去7日間にアプリが位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先に何回アクセスしたかを知ることができます、また、どのアプリが他のドメインに連絡したのか、最後に連絡したのはいつだったのかもわかります、これは、アプリのデータ保護ラベルに追加されます

スポンサーリンク

カスタムメールドメイン

AppleはWebサイト上で、ユーザーが独自のドメインを使ってiCloudのメールアドレスをカスタマイズできることを暗黙のうちに認めています、この新しいオプションは、iCloudファミリー共有を介して家族と一緒に使うこともできます

Appleは「iCloudのメールアドレスを独自のドメイン名でパーソナライズし、家族のメンバーがiCloud Mailアカウントで同じドメインを使用するように招待します」と述べています

CarPlayでの詳細な3Dナビゲーション

WWDCでAppleは、ドライブのための新機能を発表しました

「まったく新しいドライビングマップでは、運転に影響するかもしれない情報を一目で確認できます。右左折車線や、自転車、バス、タクシーの専用レーン、中央分離帯、横断歩道など、道路に関する詳しい情報も表示されます」とAppleは説明しています

この機能は現在、iOS 15のベータ版に搭載されていますが、Apple CarPlayにはまだ搭載されていません、後日、詳細な3DナビゲーションがCarPlayに登場することが期待されています

デジタル遺産プログラム

「デジタル遺産プログラム」を利用することで、ユーザーは、ユーザーに何かが起きた場合にアカウントや個人データにアクセスできる連絡先を指定できるようになります

デジタル遺産の絡先機能は、iOS 15 beta 4まで提供されていましたが、削除されました、Appleによると、このオプションは「将来のバージョンで復活させる」と述べています

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)