iOS 15ではiPhoneカメラのナイトモード機能をオフにできる

iOS 15ではiPhoneカメラのナイトモード機能をオフにできる

Appleは2019年、iPhone 11に搭載した「ナイトモード」で、iOSに写真撮影の大きなアップグレードを導入しました、小さなカメラセンサーの限界で失われてしまうような極端な低照度のショットが、瞬時に共有可能なものになりました

ただし、ナイトモードが適用されたカメラでは、それほど価値がありません

ナイトモードは魔法ではありません、カメラを深淵に向けて、見えないものを撮影することはできません、ナイトモードを動作させるには、ある程度の光量が必要です

センサーに光を当てることはできますが、カメラを街灯に向けると、全体的に不自然な写真になってしまいます

ナイトモードが常に適切なモードであるとは限りません、iPhoneは光をアクセントにした暗いショットを撮るのに優れています

Appleはこれまでも、暗い場所での撮影ではナイトモードを無効にできるようにしてきましたが、その処理は迅速ではありません

iPhoneがナイトモードを使用する必要があることを検出すると、カメラは自動的にナイトモードを有効にします

スポンサーリンク


その場合のみ、そのショットまたは撮影セッションのナイトモードをオフにすることができます、時間を置いてカメラを起動すると、低照度が検出されたときに、ナイトモードが再びデフォルトでオンになります

IOS 15 Night Mode 002

iOS 15で新たに追加されたオプションを使えば、iPhoneのカメラのナイトモードを実質的に無効にできます

  1. 「設定」>「カメラ」を選択します
  2. 「設定を保存」を選択します
  3. ナイトモードの切り替えをオンにします

この設定をオンにすると、撮影のためにナイトモードを無効にしている場合、カメラはナイトモードをオフのままにします

必要なときにカメラアプリで手動でナイトモードを有効にすることはできますが、その判断はiPhoneではユーザー自身がすることになります

「ナイトモード」 は素晴らしい機能で、自動的にオンにするのがおそらく正しいデフォルトです、とはいえ、この新しいオプションでは、ユーザーが使いたくなるまでナイトモードからオプトアウトするようになっているため、この機能によって白飛びしてしまうような低照度の写真を撮影する際に時間を節約できます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)