Apple、iPhone 12向けにHDR録画機能を備えたClips 3.0をリリース

Apple、iPhone 12向けにHDR録画機能を備えたClips 3.0をリリース

改良されたClips 3.0は、風景録画と新しい効果をソーシャルメディアビデオアプリに加え、新しいiPhone 12シリーズでHDR録画機能を提供します

Appleは、ソーシャルメディアで共有するための非常に短い動画を作成する専用のiMovie風アプリとしてClipsを発表してから3年後、同社が「過去最大の更新」と呼ぶものをリリースしました

AppleのApps Product Marketing担当バイスプレジデントを務めるSusan Prescott氏は声明で、「導入以来、Clipsは最も人気のあるiOSビデオ作成アプリの一つとなり、何百万ものプロジェクトが毎日作られている」と述べました

また、「今回のアップデートでは、インターフェイスの合理化、垂直および水平ビデオのサポート、新しいiPhone 12またはiPhone 12 Proを使用したHDRビデオキャプチャ、楽しい新しいエフェクトなどにより、ユーザーはこれまで以上に個性的で洗練されたClipsビデオを作成できるようになる」とも述べています

スポンサーリンク


従来のポートレート専用アプリに風景録画機能を導入したほか、AppleはClips 3.0に複数のアスペクト比で動作する機能を追加しました、これは特にClipsユーザーがInstagram Stories、スナップチャット、YouTubeのためにビデオを準備するのを助けるためです

「iPhone 12 Pro」とすべての「iPhone 12」モデルで利用可能なHDR録画機能は、動画の色とコントラストをより鮮やかにします、iPhone版では、ユーザーのビデオをより多く表示しながら、コントロールを手近に保つためのインターフェースも改良されています

iPad向けには、Clips 3.0ではインターフェイスのデザインが一新され、Effectsブラウザが大きくなり、クイック録画ボタンが追加されました、iPadOS 14では、ClipsはApple Pencilの新しいScribble機能もサポートしています

バージョン 3.0の新機能

  • 9:16縦向き、16:9横向き、3:4縦向き、4:3横向きを含む新しいサイズでビデオを録画および作成できます
  • iPadを縦向き、横向き、およびキーボードケースを付けて使用しているときにビデオを作成できます
  • セルフィーシーンを任意の向きで録画でき、周りの様子をさらに録画できます
  • 縦向きと横向きのすべてのビデオサイズに自動的に適応する、アップデートされたポスターを使用できます
  • 新しいフルスクリーンのデザインで、キャプチャしている内容を詳しく確認できます
  • 再設計されたエフェクトおよびメディアブラウザを使って、より簡単にコンテンツをブラウズしたり、ビデオに追加したりできます
  • Apple Pencilを使ってラベルやポスターのテキストフィールドに書くことができます
  • 14の新しいカラフルなテキストとシェイプのステッカーをソーシャルビデオに追加できます
  • ビデオの長さに合わせて自動的に調整される25の新しいサウンドトラックを選択できます
  • 新しい共有オプションを使って、サポートされている縦向きまたは横向きのすべてのサイズで動画を共有できます。送信する前にビデオをプレビューできます
  • iPhone 12およびiPhone 12 Proの背面カメラでハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオを録画できます
  • HDRビデオを写真ライブラリから表示、編集、共有できます










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)