iOS 13、3D TouchとHaptic Touchのタッチの継続時間を調整する方法

iOS 13、3D TouchとHaptic Touchのタッチの継続時間を調整する方法

iOS 13 では、3D Touch で表示圧力センシングを必要としていたクイックアクションやその他の操作をサポートするために、Haptic Touch機能の使用が拡大され、タッチの継続時間を調整してコンテンツプレビューをより速くまたは遅く表示することもできます

この新機能は、WWDC 2019の基調講演では触れられていませんでしたが、iOS 13 beta 3でこの機能を追加しました

iPhone、iPad、iPod touchで3D TouchとHaptic Touchのタッチの継続時間を調整する方法

  1. iOS 13 以降で iPhone、またはiPadで「設定」>「アクセシビリティ」を選択します
  2. 「身体および動作」項目の「タッチ」を選択します
  3. 「3D & Haptic Touch」を選択します
  4. 3D Haptic Touch 00004 z

  5. 「タッチの継続時間」で「速い」または「遅く」を選択します
  6. 3D Haptic Touch 00005 z

スポンサーリンク


この機能の説明によると、「コンテンツのプレビュー、操作、コンテキストメニューが表示されるまでの時間を調整します」と記載されています

実際の動作を確認するには、下部に在る花の画像をタップ&ホールドすることで「タッチの継続時間」を確認することができます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)