iPad Pro 2018、ビデオ編集パフォーマンスは驚異的でMacBook Proの3分の1の時間で完了

iPad Pro 2018、ビデオ編集パフォーマンスは驚異的でMacBook Proの3分の1の時間で完了

iPad Proの発売以来、初期のレビューでは、Appleの最新タブレットがパフォーマンスの獣であることが証明されています

新しい7nm FinFET A12X Bionic チップセットのおかげで、さまざまな編集の比較によると、iPad Proは2018 MacBook Proや他のWindows 10実行マシンよりもはるかに高速です

iPad Proのプロセッサには、4つのパフォーマンスコアと4つの高効率コアが搭載されています。また、前世代のiPad Proで威力を発揮したA10X SoCの2倍の新しいGPUもあります

LaptopMagによる最新のiPad Proでのテストでは、Geekbench 4では12.9インチのモデルは17,995のマルチコア・スコアがあり、Dell XPS 13がCore i7プロセッサでの 14,180ポイントを上回っています、また、Core i5搭載のSurface Pro 6の 13,025ポイントを大幅に上回りました

スポンサーリンク

ビデオ編集

Adobe Rushアプリケーションで4Kのクリップを1080pにトランスコードするのに、iPad Proはわずか7分47秒でした、続いては同社の最新世代の13インチMacBook Proで、25分53秒で完了しました

一方、Dell XPS 13は31分3秒でタスクを完了し、Surface Pro 6は31分54秒での完了となりました
Video Editing 00002 z
Video Editing 00003 z

Pad Pro 2018を使えば4Kのビデオを驚異的な速さでトランスコードすることができますが、ラップトップの実用的な代替手段ではないかもしれないことを考慮すべきことがあります

幾つかのレビューで、iOS の12は完全なラップトップの経験を提供するのに十分ではないと思うように、それはまだラップトップで実行できる代替ではないかもしれません

Apple の最新のiPad Proは、実際にコンピューティングの未来であるかどうかを決定する前に、より多くのレポートを待たなければならないでしょう

(Via Wccftech.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)