Apple、watchOS 5.2 beta 5で米国以外でのECG機能をブロック

Apple、watchOS 5.2 beta 5で米国以外でのECG機能をブロック

ECG機能をブロック

米国以外でもApple Watch Series 4を米国で購入するとECGが起動していましたが、本日Appleが開発者にリリースした「watchOS 5.2 beta 5」にアップデートすると、利用できなくなってしまいました

ECG機能は現在米国でのみ利用可能であり、FDAによって承認されています

他の地域でこの機能をリリースすることは地元の保健当局からの承認にかかっている、それがAppleがその機能の利用を米国で販売されている装置に限定する理由です

これまで、米国でApple Watchを購入したApple Watch Series 4ユーザーは、最初にiPhoneでオンボーディングのステップを完了していれば、ECG機能をうまく使用できました

米国以外でECGが起動を起動すると

セットアップ中に、この機能がお使いの地域で利用可能であることを確認するために、場所が使用されます

SIMカードなしのiPhoneでセットアップしようとすると

場所を確認できません、iPhoneが機内モードになっておらず、続行するための正常なSIMカードがあることを確認してください

とのエラー表示がされるようになりました
ECG limitationt 00002

スポンサーリンク

設定の保証情報とAppleCare

ECG limitationt 00003
また、新しい設定のiPhoneでは、AppleはユーザーがApple Care契約を結んでいるかどうかの保証のステータスに関する情報を表示します

Walletアプリのアクティビティリング

2月下旬に発表されたThe Wall Street誌の報告によると、AppleはGoldman Sachsと共同でクレジットカードを発行しています。これはWalletアプリに統合され、支出目標を設定する機能などの特別な機能を提供します

AppleがWalletのリングに似たものを実際にユーザーに情報を表示するためのメカニズムとしてだけでなく、実際にユーザーが数値を設定できるようにするコントロールとして組み込むという証拠が見つかりました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)