watchOS 5.1アップデート、Apple Watch Series 4では注意が必要

watchOS 5.1アップデート、Apple Watch Series 4では注意が必要

一部で問題が

watchOS 5.1アップデートは、一部のApple Watch所有者にとって問題を引き起こしているようです

複数のMacRumors読者が新しいソフトウェアをインストールする際に問題を抱えており、アップデートによってデバイスが文鎮化されていることが報告されています

影響を受けたユーザは、watchOS 5.1のアップデートを開始した後、Appleロゴのローディング画面でストップしています

Appleに連絡したユーザの中には、アップデートに数時間かかると言われていましたが、3時間以上経っても何人も進歩が見られませんでした

スポンサーリンク


影響を受けたユーザは、9月にリリースされた最新のApple WatchであるApple Watch Series 4を使用しているようです

ユーザの中には、Appleが影響を受けた人のための交換用時計を出荷する予定だという人もいます

Apple Watch Series 4のユーザは、watchOS 5.1アップデートのインストールに問題があるわけではありませんが、注意が必要です

Appleが修正を行うまでは、ソフトウェアのダウンロードとインストールを保留することが重要です、AppleはwatchOS 5.1アップデートを取り下げてはいません

(Via MacRumors.)

追記

Appleは、watchOS 5.1を取り下げて現在はdownload出来なくなっています、改めて再リリースすることになります

もし、アップデート途中で止ってしまっていればAppleのサポートに連絡することが必要です



ちなみに私は、このことを知らずにApple Watch Series 4を watchOS 5.1にアップデートしましたが、何も問題なくアップデートは完了しています
WatchOS 5 1 00005

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)