Appleの最新デザインリソース、AppleがiOS 17、iPadOS 17などの新しいUIデザインテンプレートを発表

Appleの最新デザインリソース、AppleがiOS 17、iPadOS 17などの新しいUIデザインテンプレートを発表

月曜日、Appleはデザインリソースデータベースを更新し、visionOS、iOS 17、iPadOS 17、macOS Sonoma、watchOS 10などの新しいリソースを追加しました

新しいUIデザインリソースは、開発者がアプリの作成とデザインプロセスをスピードアップするのに役立つものです、各オペレーティングシステムには、新しいデザインテンプレートとSketchライブラリが用意されています

iOS、visionOS、watchOS、macOS向けのアセットはSketchで使用するために設計されており、一部のリソース(例: visionOSやiOS 17、iPadOS 17)はSigmaでも利用可能です

Appleはまた、Appleプラットフォーム向けのエクスペリエンスをデザインする際のガイダンスとベストプラクティスを提供するHuman Interface Guidelinesも更新しました


これには、魅力的でユーザーフレンドリーなvisionOSアプリを作成するための役立つヒントが含まれています、空間レイアウト、視野、没入型体験に関するアプリデザインのアプローチについて説明しています
Human Interface Guidelines 02
さらに、AppleはSF Symbolsというアイコングラフィのライブラリに700個の新しいシンボルを追加しました、これらのシンボルは、San FranciscoというAppleプラットフォームのシステムフォントとシームレスに統合されるようにデザインされています

新しいシンボルには、自動車のインジケーター、ゲームコントローラのボタン、追加の天候条件、通貨などが含まれています、これらの新しいシンボルは、iOS 17、iPadOS 17、macOS Sonoma、tvOS 17、watchOS 10を実行しているアプリで利用可能です


Appleによれば、シンボルは9つのウェイトと3つのスケールで提供され、テキストと自動的に整列します

最後に、AppleのSan Franciscoフォントは、アラビア語、アルメニア語、グルジア語、ヘブライ語などの新しい拡張が追加されました







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)