AppleがSiriの根本的な問題にも関わらず、ChatGPTのようなAIをテスト

AppleがSiriの根本的な問題にも関わらず、ChatGPTのようなAIをテスト

New York Timesによると、Appleは、仮想アシスタントの構造に根本的な問題があるにもかかわらず、いつかSiriに適用される可能性のあるジェネレーティブ AI コンセプトをテストしているとのことです

先月開催された同社の年次AIサミットで、従業員たちはAppleの大規模言語モデルやその他のAIツールについて説明を受けたとのことです、Appleのエンジニア、特にSiriチームのメンバーたちは、ChatGPTのようなチャットボットの台頭を受けて、言語生成の概念を「毎週」テストしていると報じられています

次世代のAI技術は、Siri、Alexa、および他の音声アシスタントがAI競争でリードを無駄にしていることを明らかにしました、特にSiriは、意義深い改善への道筋が複数の障害に直面しています

New York Timesに話をした、かつてのAppleのエンジニアで、2014年にSiriの改善を任されたJohn Burkey氏は、Siriは「基本機能の更新に何週間もかかる不便なコード」に基づいて構築されていると説明しました


その「扱いにくい設計」が、新機能の追加をエンジニアにとって非常に困難にしていました

例えば、Siriのデータベースには、2ダース近くの言語で大量のフレーズが含まれており、「一つの大きな雪玉」のようだとBurkey氏は付け加えています、もし、誰かがSiriのデータベースに言葉を追加したい場合、「それは大きな山になる」とのことです

これは、データセットに新しいフレーズを追加するような簡単な更新には、Siriデータベース全体を再構築する必要があるため、最大6週間かかることを意味しています、新しい検索ツールなど、より複雑な機能を追加するには、最大1年かかることがあります

その結果、Burkey氏は、SiriがChatGPTのような「創造的なアシスタント」になる道はなかったとBurkey氏は考えています、先週、OpenAIは次世代のAIエンジンであるGPT-4を発表し、ChatGPTからさらに高度な応答が可能になりました


先週、DigiTimesはChatGPTによって促されたジェネレーティブAIへの関心の高まりが、Apple、Meta、Amazonなどの主要企業が技術開発の再評価をするきっかけになったと報じました、これらの企業は、MicrosoftがAI分野でのリードを維持しないように努力しているとされていま

特に、AppleとTeslaはAIへの取り組み方を再考していると言われています

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)