Appleの自社製5Gモデムプロジェクト、サプライヤー間で競争激化

Appleの自社製5Gモデムプロジェクト、サプライヤー間で競争激化

Appleの噂される5Gモデムプロジェクトには、チップの最終組立てを手伝うことに興味を持っている複数のサプライヤーがいると、新しい報告書で述べられています

カスタム設計されたモデムは、AppleのチップメーカーであるTSMCによっておそらく製造されるでしょうが、最終的なパッケージング段階は他のサプライヤーによって処理されるかもしれません

台湾のサプライチェーン出版物であるDigiTimesは、ASEテクノロジーとAmkorテクノロジーがモデムチップのパッケージングをめぐって「競合している」と報じました、報告書によれば、2つの企業はすでにQualcommのモデムチップのパッケージングの経験があります

Qualcommは現在、Appleデバイスの5Gモデムの独占的なサプライヤーであり、iPhone 14ラインアップ全体を含むが、Appleは独自の5Gチップをインハウスで置き換えると長らく噂されています


先月、QualcommのCEOであるCristiano Amon氏は、Appleの5Gモデムが2024年には準備が整うと予想していましたが、BloombergのMark Gurman氏は、AppleがQualcommから完全に移行するまでに最大3年かかる可能性があると報じました

Appleのカスタム5Gモデムが搭載される最初のデバイスは、2024年3月頃にリリースされると予想される第4世代のiPhone SEです

AppleのチップがQualcommのモデムと比較してどのような性能を発揮するかは不明ですが、インハウス設計への切り替えにより、時間の経過とともにAppleの生産コストが低下する可能性があります

その間、すべてのiPhone 15モデルは、QualcommのSnapdragon X70モデムが搭載されると予想されており、iPhone 14モデルのすべてに搭載されているSnapdragon X65に比べて、さらなるセルラースピードと省電力性能の改善が期待されています

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)