Apple、コスト削減策の中で採用凍結を延長し、ボーナス戦略を見直す

Apple、コスト削減策の中で採用凍結を延長し、ボーナス戦略を見直す

Appleのコスト削減の取り組みにより、採用凍結がより多くの分野に拡大されることが報じられており、また従業員への昇進やボーナスの支払い方法も変更しています

他の大手テック企業がMetaの大規模なスタッフ削減のような大量解雇を行っている中、Appleは解雇される人数を最小限に抑えようとしています、これまでのところうまくいっていますが、Appleは支出をさらに削減するための手段を検討しているようです

Bloombergに情報を提供した複数の関係者によれば、Appleはいくつかの方法でコスト削減の取り組みを拡大しています

同社が計画している財務効率化の方法の1つは、年に2回行っているボーナス支払いを1回に減らすことです、これは部門によって異なりますが、4月の支払いを廃止し、10月の支払いだけにする傾向があります


支払い回数を減らしても、従業員は年間のボーナス額を全額受け取ることが予想されています

ボーナスの変更に加えて、Appleは採用凍結に関する既存の方針を見直す予定です、Appleはすでに2022年から採用を緩やかに行っており、従業員が退職した際にポジションを空けたままにして人数を減らすことにしています

火曜日の報道によれば、この方針は同社のさらに多くの部門に適用され、その結果、より多くの仕事に影響が出ることが予想されます

11月の報道時に、Appleの報道担当者は同社が引き続き採用しているものの、「事業の一部で非常に慎重なアプローチ」を取っていると述べていました

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)