Wedbush、需要増でAppleの株価目標を190ドルに引き上げ

Wedbush、需要増でAppleの株価目標を190ドルに引き上げ

Wedbushは、中国におけるiPhoneの需要回復の兆し、新製品の期待、サービスの増加が見込まれることを理由に、Appleの株価目標を再び引き上げました

2023年初め、WedbushはAppleが強い立場にある一方で、不透明な経済環境に直面しているとして、Appleの目標株価を200ドルから175ドルに引き下げました、2月に行われたAppleの最新の決算発表を受けて価格を180ドルに引き上げ、現在は再び190ドルに引き上げています

AppleInsiderが入手した投資家向けメモの中でWedbushは、Appleは現在 「厳しいマクロ経済の荒波の中で安定したクパチーノの船」であると表現しています

この説明と価格の上昇は、Wedbushの「今週のアジアのiPhoneサプライチェーンのチェックが徐々に前向きになっている」ことを受けて、同社の調査では、「中国からの需要が緩やかに増加しています、マクロ的な背景が不透明であるにもかかわらず、12月以降、この主要地域で明確な需要の回復が見られる」 ことが示されています


Wedbushのアナリストはまた、iPhoneの大幅な減産の兆候はなく、「これはフラッグシップモデルのiPhone 14 Proの需要曲線が安定していることを示す良い兆候である 」と述べています

今後について、Wedbushは、「Appleには潜在的に多くのレバーが存在する」と述べています、それらには、Apple ARヘッドセットの 夏までの発売や、ハードウェア定額制プランの発表など、「注目すべき」新しい発表が含まれています

しかし、ハードウェアサブスクリプションプランの可能性とともに、Wedbushは 2023年にMac製品ラインでいくつかの新しいハードウェアが発売される 、と予想しています

また、現在のiPhoneのインストールベースの約25%が4年以上デバイスをアップグレードしていないと見積もり、次世代iPhoneであるiPhone 15の成功的な発売を期待しています

Wedbushは、過去15か月間に1億人以上の新しいiPhoneユーザーが追加されたことにより、Appleのサービスビジネスが2024年に加速すると予測しています

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)