なぜAppleだけが、いまだにレイオフを発表していない大手テクノロジー企業なのか?

なぜAppleだけが、いまだにレイオフを発表していない大手テクノロジー企業なのか?

大手テクノロジー企業のレイオフの現状

猛烈なインフレと迫り来る不況への懸念が高まる中、大手テクノロジー企業の多くが人員削減を行っています

しかし、これらの人員削減は数年間の急速な拡大の後に実施されました、Appleは両方の面で例外です

CNBCの報道によると、大手テクノロジー企業の多くは、不況の懸念が高まる中で人員削減を進めています、しかし、数年間の急速な拡大の後に人員削減が行われました

Microsoftは同日、1万人の人員削減と5%の人員削減を発表し、Amazonは最終的に18,000人を削減するレイオフを開始しました

MicrosoftとAmazonは、AlphabetやMetaなどのハイテク業界の同業他社と同様に、ここ数カ月で人員削減を行っていいます

各社によって若干の違いはあるものの、リストラを実施する企業の多くは、マクロ経済情勢や将来の景気後退の可能性を理由に緊縮を行っていいます、

しかし過小評価されている要因は、テクノロジー企業が過去 2 年間にいかに急速に雇用を拡大したかということです

2020年、Covidのロックダウンが広まり、人々にとってインターネットアプリケーションがより重要になり、多くのテック企業のビジネスが超高速化した。2021年、売上と利益が上昇し続ける中、彼らは自分たちが見ている成功が新たな基準値になることを期待して、大量の従業員を増やし続けました、しかし、そううまくはいかなかった

成長は鈍化し、企業は今、再調整を迫られています

Appleは大きな例外です、過去2年間、雇用を大幅に増やすことはなく、レイオフも発表していません

従業員数の前年比増加率

Alphabet、Amazon、Apple,、MetaおよびMicrosoft
2023 01 20 11 10 48
従業員に関して言えば、AmazonはAlphabet、Apple,、MetaおよびMicrosoftを圧倒しており、Amazonの160万人はAlphabet、Appleの10倍です

SECへの提出書類を確認すると、他の最大のテクノロジー企業がパンデミック中にどれだけ急速に成長したかがわかります

Microsoft

Microsoftは、2022 年 6 月末時点で 221,000 人の正社員を抱えていました、これは、入手可能な最新の公式数値です

これは、2021年の同じ時期から 40,000人の従業員の急増であり、スタッフの 22%の増加です、その前年、Microsoft は 11% 増の 18,000人の従業員を追加しました

Amazon

Amazon は Microsoft よりも複雑です、なぜなら、倉庫には膨大な時間労働力があり、ほとんどのテクノロジー企業に見られるオフィスの従業員もいるからです

それでも、Amazon は 2021年に猛烈に成長し、310,000人の雇用を追加しました、 2020年にはさらに拡大し、38% 以上の成長を遂げ、50万人の従業員を追加しました

全体として、Amazon は 2021年12月末時点で 160万人の従業員を報告しており、そのうち約 30万人が企業の仕事に就いています

Meta

2020年、Metaは1万3,000人以上の従業員を増やし、30%増となり、同社史上最大の採用の年となりました、2021年にはさらに1万3,000人を追加。労働者の総数で言えば、Facebookの短い歴史の中で、最も大きな拡大の2年間でした

Alphabet

Alphabetは、他の大型企業ほど多くのポジションを削減していないが、ここ数週間で、健康科学部門のVerilyで240人のポジションを削減し、ロボット部門のIntrinsicで40人をレイオフしています

Alphabetの最近の人員削減は他のいくつかの企業よりもはるかに少ないものの、同様に大きな成長を遂げています

2021年、Alphabetは21,000人以上の従業員を増やし、1年間で15%増の合計156,500人の従業員を増やした。2020年には16,000人以上、つまり14%近く増加しました

ただし、この成長はパンデミック以前からで、Alphabetは2013年以降、毎年10%以上人員を増やしており、2018年と2019年にも20%以上の新入社員を増やしています

Apple

パンデミックの間Appleは、はるかにゆっくりと成長しました、実際、過去数年間の Apple の採用は、2016 年以降と同じ一般的な傾向をたどっています

2022年9月時点で、Appleの従業員数は16万4,000人で、これには会社員だけでなく、店舗の小売スタッフも含まれています

しかし、これは2021年の同時期から6.5%上昇したに過ぎず、実質1万人の従業員の増加に相当します

また、Appleは2020年、2021年9月までの1年間に7,000人弱の従業員を増やし、賢明な採用を行っています







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)