Appleは、過去5年間で製品の革新に約 1,000 億ドルを費やした

Appleは、過去5年間で製品の革新に約 1,000 億ドルを費やした

12月8日にFinboldが取得した新しいデータによると、2018年から2022年の間にAppleは研究開発に973億7,000万ドルを費やしました

この五年間でAppleのこの分野への支出は2018年の142億4,000万ドルから2022年の262億5,000万ドルへと84.33%急増しています

実際、株式、仮想通貨、銀行などのニュースを扱うFinboldによると、研究開発への支出は近年着実に増加してます、2019年は162億2,000万ドルで、2020年の187億5,000万ドルから15%以上増加しました、2021年には200億ドル市場を超え、初めて219億1,000万ドルを記録しました
2022 12 09 09 39 52

スポンサーリンク

景気低迷にもかかわらずAppleの研究開発費は増加

Finboldの調査は、市場の一般的な状況にもかかわらず、Appleが引き続き研究開発部門に注力していることを認めています

調査報告書によると、特に2022年の支出は、高インフレと金利引き上げの脅威を特徴とする経済不況が続いているにもかかわらず、増加しています、さらに、Appleは、同国のウクライナ侵攻を受けてロシア市場からの撤退を決定したことで、引き続き損失を被ることになるとしています

これらの要因が重なって、Appleは厳しい時代の中で事業を維持するための戦略を実行しており、同社の株価は一般市場と連動して低迷しています

Finbold氏は、Appleが技術革新に投資したからといって、同社の成功が保証されるわけではないことに留意する必要があると述べています

しかし、製品やサービスが市場で好評であれば、予算配分を正当化する可能性が高いと報告書は付け加えています

(Via Finbold.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)